第2のシフト ポッセ(頼りになる同志) ワーク・シフトWORKSHIFT

未来に必要となる三種類の人的ネットワーク

1種類目、ポッセ(頼りになる同志)

リンダ・グラットン曰く

未来の世界であなたが形作るポッセは、比較的少人数の信頼できるメンバーで構成される。15人は回る事はまずないだろう。もしピンチに立たされればいつでも力になってくれるとアテにできる仲間たちだ。

ポッセは比較的少人数のグループで、声をかければすぐ力になってくれる面々の集まりでなくてはならない。また、メンバーの専門技能や知識がある程度重なり合っている必要がある。専門分野が近ければ、お互いの能力を十分に評価できるし、仲間の能力を生かしやすい。

ポッセのメンバーは以前一緒に活動したことがあり、あなたのことを信頼している人たちでなくてはならない。知り合ったばかりの人ではなく、あなたのことが好きで、あなたの力になりたいと思ってくれる人であることが重要だ。

充実したポッセを築きたければ、他の人と協力する技能に磨きをかけなくてはならない。

他人に上手にものを教え、多様性の強みを最大限いかし、たとえバーチャルな付き合いでもうまくロケーションを取る技能が不可欠だ。

私見

ポッセ(頼りになる同志)

15人とリンダ・グラットンは言うが、もっと少ないのではないだろうか。

私の場合は、6人。

ポッセ(頼りになる同志)とよべるには、

時間と実績

が必要になる

そのベースは、高度な専門応力とその専門能力が連続していること。

高度な専門応力とその専門能力が連続するのは、ポッセがあるから。ともいえるのではないでしょうか。

リンダ・グラットンが続けて

しかしながらイノベーションを必要とするのであれば、ポッセは頼りにならない。

必要なのはスケールが大きくて斬新なアイディアだ。そういうアイディアの源になりうるものは、多様性に飛んでいて大規模な後期すなわち、ビックアイディアクラウドである。

次回は、

三種類のネットワークの2番目

ビックアイディアクラウド

についてです。お楽しみに。

ウィル株式会社

SE,エンジニアのマネジメント・コンサル

奥野 智洋

第2のシフト 孤独な競争から「協力して起こすイノベーション」へ ワーク・シフトWORKSHIFT

未来に必要となる三種類の人的ネットワーク

リンダ・グラットン曰く

未来の世界の素晴らしい点の1つは、人間関係資本を築く方法が飛躍的に拡大することだ。

50億人がインターネットを通じて結びつき、しかもいっそう主体的にオンライン上のコミュニティーに参加する時代が訪れて、可能性は無限に広がる。

問題は、オンライン上のサービスに振り回されず、バーチャル化に陥らないために、どうすればいいのかだ。

世界中の人々が結びつく時代の恩恵に最大限浴するためには、協力とネットワークとイノベーションについて、根本から発想を<シフト>させる必要がある。

これからは、高度な専門技能を習得し、その上で多くの人と結びつかないければ成功しない。

大勢の人たちのノーハウと能力と人脈を統合することが不可欠なのが。私たちは次第に、これまで自動的にテレビを見て漫然と過ごしていたよかっ時間をオンライン上の活動に使い始める。

三種類のネットワーク

1.ポッセ(頼りになる同志)

2.ビッグアイデア・クラウド

3.自己再生のコミュニティー

私見

なるほど。

と思える三種類です。

1.ポッセ(頼りになる同志)

は、高度な連続スペシャリストを活かして成果を出すネットワーク

2.ビッグアイデア・クラウド

新たな発想を生み出すネットワーク

3.自己再生のコミュニティー

豊かな人間性を育むネットワーク

ですね。

近頃の状況は、1.と3.が不足していると思われます。

そしてそれに気づいた状態。でしょうか。

次回は、

三種類のネットワークの1番目

ポッセ(頼りになる同志)

についてです。

ウィル株式会社

SE,エンジニアのマネジメント・コンサル

奥野 智洋

第1のシフト セルフマーケティング ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

未来の世界では、グローバル化が急速に進み、インターネットを通じて世界中の人々が日々新しい知識を仕入れるようになる。

そういう時代に大勢の人たちの中で自分を際出すたせるためには何が必要か。

例えば、成功を収めている企業には、

独特な要素、類稀な要素が必ずあった

ここにヒントがある。

リンダ・グラットンはそう言っている。

見えない存在になる危険性

未来の世界では、(見えない世界存在)になることが深刻な問題になるだろう。
大勢の中で自分の存在を際立たせることが重要になる。

そのために、とりわけ有効な方法が3つある。

1つ目は、自分の手がけた仕事が誰の目にもあなたの仕事だとわかるように、明確な特徴を出すのである。

自分の評判を保つために、積極的に評判をマネージメントすることも不可欠だ。

2つ目は、弁護士や医師のような専門職にならって同業者組合やそれに類する組織を作ること。

3つ目は、活力をしなわず、精神的に仕事に打ち込み続けるために、様々な要素を取り込んでキャリアのモザイクを描き、いわば協会の

カリヨンツリー型のキャリア

を実践すること

以下では、この3つ目のカリヨンツリーに関して見ていく

私たちの職業人生は次第に、伝統的なキャリアの道筋と異なるカーブを描くようになる

それは、ダウンシフティング(収入より、ゆとりを大切にする生き方への

転換)を選ぶ人たちの釣鐘型キャリアのカーブとも違う

今後主流になるのは、いくつもの小さな釣鐘が連なって職業人生を形作るキャリヨンツリー形だ

精力的に仕事に打ち込む期間と、長期休業して学業やボランティア活動に専念したり仕事のペースを落として私生活を優先させたりする機関を交互に経験し、ジグザグ模様を描きながら仕事のエネルギーや技能を高めていくのである。

社会人、やがて40代になり、仕事を離れて1年間学校で勉強する。既存の専門分野を土台に別の専門分野での脱皮を成し遂げるためだ。40代と50代前半にかけて精力的に仕事に打ち込んで新しい専門分野で技能を高めていく。

50代半ば、再び1年間仕事を休んで長期旅行やボランティア活動。その後、また仕事の世界に復帰。今度はミニ企業家として、それまでに身に付けた2つの分野の専門技能を活用して働く。

そして、そのまま70歳代、80歳代まで仕事続ける

私見。

これらのベースは、15年~20年かけてはじめて習得する高度な専門技能だ。

このベースがなければ、話は成り立たない。

私は、仕事を1年休む。といった経験はないが、

社会人の10年間はSEの技能を習得した

その専門技能の後

30歳前半で中小企業診断士

40歳中盤で、関学でビジネススクール

50歳中盤で、NLPコーチング

をそれぞれ、学び55歳の定年でこれまで学んだ技能を組み合わせて独立した。

リンダ・グラットンのほぼシナリオ通りだ。

今考えると、幸せな人生を送ってきた。

感謝しています。

そして、80歳代まで仕事がづけたいな。と思います。

 

第一のシフトは今回で終わりです。

次回から

第二のシフト

孤独な競争から「協力して起こすイノベーション」へ

についてお話したいと思います。

次回もお楽しみに

ウィル株式会社

SE,エンジニアのマネジメント・コンサル

奥野 智洋

第1のシフト 移動と脱皮で専門分野を広げる ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

専門技能に習熟することについて回る落とし穴は、狭い専門分野に特化するあまり広い分野をしない考え失いかねないことだ。

しかし、未来の世界で大きな価値を生み出すためには、この落とし穴にはまらず

複数の分野の高度な専門知識と技能組み合わせること

が欠かせない。それを成し遂げる方法は、大きく分けて2つある。

1つは特定の専門分野の枠を超えた幅広い人的ネットワークを築きその中で複数の専門技能を組み合わせると言う方法

もう一つは、自分自身で複数の専門技能を身に付けると言う方法

リンダグラトンはいくつか移動の旅で専門分野を広めた事例を紹介している

・経営コンサルタント→ドキュメンタリー作家→市民活動家

私見。私もコンサルタントですが、作家には程遠いですね。近いのは、というか実践しているのは、コーチング。そして、狙うはシステム会社への脱皮

キャリアの脱皮を成功させるコツ
未来の世界では、専門分野の脱皮を遂げる重要性が高まっていくだろう

 

環境の変化に応じて別の専門分野に脱皮する必要性の間で適度なバランスを取るために有効な方法がいくつかある。
第一は、新しいチャンスが目の前に現れたとき、未来の世界にいきなり飛び込むことではなく、新しい世界を理解するために実験をすること

第二は、自分と違うタイプの大勢の人たちと接点を持ち多様性のある人的ネットワークを築くこと

第三は、はじめのうちは本業辞めず副業と言う形で新しい分野に乗り出すこと。

 

私見ですがこの3つは組み合わせて実践することが有効だと思います。

どれ1つとってもその1つだけでなし得るとは実感したことがありません。

脱皮、飛躍のためには、屈んだり少し後に下がったりする必要があります。

その勇気と実行力が重要です。

で次回は、セルフマーケティングの時代

セルフマーケティングの時代

についてお話したいと思います。

次回もお楽しみに

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋

第1のシフト 高度な専門技能を身につけるプロセス ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

未来の世界では、高度な専門分野の知識と技能深めた上で、さらにいくつもの分野で次々と高度な知識と技能を磨いていかなくてはならない。

浅い知識でよければ、オンライン上で簡単に手に入る時代だ。広く浅い知識と技能の価値は、今後ますます小さくなっていくだろう。
リンダ・グラットンは高度な専門技能を身につけるプロセスをしめしている。

日本では「守破離」といわれるもの。

最初は、職人のように考える

つまり、高度な専門技能をみにつけるためには10年~20年という時間をかけて、しっかりとした(リンダ・グラットンの言い方では、浅いものは価値がどんどんなくなる)技能を身につけることがまずありき。

その次に(また)時間をかけてゆっくりと自分だけの特徴を磨いていく

自分だけの特徴をどうやって出すのか

どうやってだせるのか

NLPではセルフコーチング、自分とのコミュニケーションとしてこのあたりが充実しています。

その一つがニューロ・ロジカル・レベルです。当社のeラーニングを参考にして下さい。

ドラッカー的には、ひたむきに(自己)マネジメントに取り組み

そして未来を考えると、出てくる。

私も、そう実感しています。

そして、こどものように遊ぶ

創造性を発揮できる環境を作る。と言っています。

これまで企業は、合理性と一貫性を加工するために管理を予測文字できた。

遊びと喜びの要素が完全に排除されていたとまでは言わないが、これらはあくまでも脇役でしかなかった。

しかし未来の世界では、単なる模倣にとどまらない高度な専門技能を身につけたければ遊びと創造性がこれまで以上に重要になる。

仕事が遊びになるのは、普通はやらないことをする場合、普通やっていることをやらない場合、物事を作る極端にある場合、社会生活上通の方をひっくり返す場合だ。

企業の事例では、パタゴニア、ブラジルのセムラーが有名です。

リンダ・グラットンは

楽しさとやりがいを見いだせる要素と仕事を切り離せば、機械的な作業を単調に繰り返すだけとなり、自分らしさが失われる。

と結んでいます。

当社、ウィル株式会社のテーマは

わくわく楽しいそして業績の上がる組織を創ろう

です。

わくわく楽しい、仕事環境なら自ずと業績はあがる。

私の持論です。

で次回は、

移動と脱皮で専門分野を広げる

についてお話したいと思います。

次回もお楽しみに

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋

第1のシフト あくまでも「好きな仕事」を選ぶ  ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

未来に向けてシフトを行うためには、

様々な選択を深く理解し、それぞれの選択肢を選んだ場合に得るものと失うものを知っておく必要がある。

働き方の未来を形作る5つの要因

1.テクノロジーの進化

2.グローバル化の進展

3.人工構成の変化と長寿化

4.社会の変化

5.エネルギー・環境問題の深刻化

を分析すればどういうキャリアと専門技能が最も未来に押しつぶされにくいと推測できる。

未来について根拠のある推測を行う事は理にかなった行動だ。しかし、それがあくまでも推測の域を出ない事は忘れるべきではない、

未来が予測通りになる保証がないことを考えれば、自分が好きなこと、そして、情熱を開けることを職業に選ぶのが賢明だましてや70歳代になっても働き続けるとすれば、本当に楽しめる職業を探した方が良い。

どうすれば、本当に好きになれる職業が見つかるのか。仕事に対する愛情の核をなす要素はやりがいと満足のいく経験だ。

ただし自分が得意になりそうもないと感じる職業には情熱を抱きづらいだろう。

 

好きなことを仕事にすれば、粘り強く努力するだろうし、仕事にやりがいを感じやすい。

大量消費から充実した経験への移行と言う<第三のシフト>を実践した人は、楽しい経験をすること、他の人と一緒に時間を過ごすこと、取り組みがいのある課題に挑むこと、価値のあるものを生み出すことを重んじるようになる。

所得と消費に変わって、経験とやりがいが勤労の主要な原動力になる事とすれば、どういう仕事を選び、どういう専門技能を習得するかは慎重に検討した方が良い。

未来の世界では、地域と創造性イノベーションに土台を置く仕事に就く人が多くなる。そーゆー職種では成功できるかどうか仕事が好きかどうかによって決まる年が大きい。

潜在意識の声、直感を信じる NLP

リンダ・グラットンは慎重に検討したほうが良い。と言っている。否定するものではないが、潜在意識の声に従えば良い。

慎重に考える。と言うより、自分に何度も何度も確認するればよい。

何度もというのは、いろいろな場面、言葉に遭遇する度に自分に問えばいい。

好きなのか

それも超えて、フローな状態。体が震える状態。時間をわすれる状態。

なのか。

 

そして、高度な専門技能を身につける方法

と続けます。

ほんとに、SE,エンジニアにむけて話をしてくれていますよね。

で次回は、

高度な専門技能を身につける方法

についてお話したいと思います。

次回もお楽しみに

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋

第1のシフト ゼネラリストから「連続的スペシャリスト」へ  ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

なぜ、「広く浅く」ではだめなのか

未来の世界で成功できるかどうかを左右する要因の一つは、その次代に価値を生み出せる知的資本を築けるかどうかだ。

とりわけ、広く浅い知識を蓄えるゼネラリストを脱却し、専門技能の連続的習得者への抜本的な<シフト>を遂げる必要がある。

私見補足:このインターネット時代で浅い知識に価値はない。リンダ・グラットンは直接的な表現はしていないが、そういうこと。

また、ひとつの専門技能で10年~20年と価値を生み出し続けられるか。ということ。

しかしながら、ひとつ、ふたつと専門技能を習得していくうち、次第に新しいことへのチャレンジ精神を失うSE,エンジニアも散見される。

失敗を恐れるようになる。

これまで、習得した技能での成功体験がそうさせるのでしょう。

残念です。

大志をいだけ

失敗は無い

フィードバックがあるだけ(NLPではそう考えます)

 

リンダ・グラットン曰く

<第1のシフト>に関して、次の2つの資質が重要だと考えている。

まず、専門技能の連続的習得

連続的スペシャリストへの道

では、どうすればゼネラリストを脱却して、専門技能の連続的習得者になれるのか。いかの手順で検討すると、自分にとって最善の道を見出しやすいだろう。

1.まず、ある技能がほかの技能より高い価値をもつのはどういう場合なのかをよく考える。この点は極めて重要。

2.次に、未来の世界で具体的にどういう技能が価値をもつかという予測をたてる。

3.自分の好きな技能を選ぶ。

4.その分野で専門的に磨きをかける

5.継続的脱皮、成長する

ここまで、読んでいただいてリンダ・グラットンのいう

重要な2つ目の資質はお分かりいただけたでしょうか

セルフマーケティング。です。

続けて、リンダ・グラットンは

高い価値をもつ専門技能の3条件

をあげている。

1.その専門技能は、価値を生み出せるか?

2.その専門技能には、希少性があるか?

3.その専門技能は、まねされにくいか?

 

この3つは現在のマネジメントと何ら変わるものではない。

セルフマーケティングを含めた、セルフマネジメントが必要と考えればいいと思います。

さらに、リンダ・グラットンは続けます。

まるで、SE,エンジニアに向かって書いているようです。

SE,エンジニアにとって、2025年に

価値がある、希少性のある、まねされにくい専門技能とはなんでしょうか。

そして次に、組み合わせることでさらに価値を高めることできないか。と考えます。

未来に押しつぶされないキャリアと専門技能

キャリア

1.草の根の試飲活動家・・・ボランティア活動をあげています

2.社会起業家・・・グラミン銀行を例にあげています

3.ミニ起業家

専門技能

1.生命科学・健康関連

2.再生可能エネルギー関連・・・私も興味あります

3.創造性・イノベーション関連

4.コーチング・ケア関連・・・私の分野です

そして、

あくまでも「好きな仕事」を選ぶ

と続けます。

 

では次回は

あくまでも「好きな仕事」を選ぶ

について投稿したいと思います。

次回もお楽しみに

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋

働き方を<シフト>する  ワーク・シフトWORKSHIFT

今回から「働き方を<シフト>する」です

いよいよ、著者リンダ・グラットンの言いたいこと。です。

第4部のアプローチで、リンダ・グラットンは挑戦的なことを言っています。

「未来の職業生活に向けて準備するのは、刺激に満ちた経験だ。今後数十年の間に、仕事の世界で多くの変化が起き、キャリアや働き方に関する古い常識が次々と葬り去られる」

(中略)

「ただし、自分に合ったオーダーメイドのキャリアを実践するためには、主体的に選択を重ねその選択の結果を受け入れる覚悟が必要だ。

ときには、ある選択をすれば必然的に何らかの代償を受け入れなくてはならない場合もあるだろう

中略

私たちはこれまでより熟考して強い意志と情熱を持って自分の働き方を選択しなくてはならなくなる。

そのために必要なのはどのような人生を送りたいかを深く考え決断する能力だ。

明るい未来を切り開くためには、これまでの固定概念知識、技能、行動パターン、習慣等を根本からシフトする必要があると私は考えている。

この第4部では仕事の世界で必要な3種類の資本(資源、NLPではリソースといいます)を切り口に未来にどうシフトが必要なのかを見ていきたい」

我々が求めているアドバイスがあります。

仕事の世界で必要な3種類の資本

「第一の資本は知的資本、要するに知識と知的思考能力です。

第二の資本は人間関係、要するに人的ネットワークの強さと幅広さのことである。

第三の資本は情緒的資本、要するに自分自身について理解し、自分のおこなう選択について深く考える能力、そしてそれに加えて勇気ある行動をとるために欠かせない強靭な精神力を育む能力のことである。

自分の価値観に沿った幸せな生き方をするためにこの種の資本が必要となる。

情緒的資本を強化することは3つのシフトの中で1番難しいかもしれない」

私見

3つ目の資本、情緒的資本は今言われてる人間力と等しいと思います。つまりセルフマネジメント能力です。

多くのマネジメント教材は、上記のような問題定義にとどまります。リンダ・グラットンのワーク・シフトでは問題定義~考え方~実行 Why What How があります。

マネジメント・アプローチだけではない良さがこのあたりにあると思います。NLP(コーチング)も同様です。

では次回は第一の資本、知的資本について投稿したいと思います。

次回もお楽しみに

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋

大阪勧業展2018に出展します 3年目

大阪商工会議所ホームページより

3年連続、大阪勧業展に出展します

出展内容

RPAはオフィスで働く人を単純労働から解放する人間尊重マシンです

 

オフィスの働き方改革は単純作業の自動化から

・RPAのデモ

・RPAの相談受付

を当日は行います。

 

大阪勧業展とは

2年出展しました。その体験からご紹介します。

まず、大阪府下約380社が出展する関西ではビッグイベントのひとつです。

特徴は「ごった煮」。いろんな業種業態の企業が出展しているところです。

例えば、化学、エネルギー、環境、衛生、紙、印刷、生活関連用品、建設、金属、機会、食品、繊維、情報、通信、そして私のようなサービス業さらにはコンサルにいたるまで出展しています。

ですから見る側は楽しいと思います。

税理士さんや社労士さんの名前もあります。

ここ2年、来場者数は8,000名を超えているそうで今年も同じ位を予想しているとのこと。なにせ、2日目の午後はすごい人です。できるだけ1日目に来場されることをおすすめします。

大阪勧業展は、商談の場です。

ですから出展者(社)は真剣です。それも来場者にとっては良いことですよね。ちなみに、出展者同士の営業も活発なんです。

これは去年ちょっとおどろきました。

ぜひ時間を作って来て下さい。

ご来場をお待ちしています。

補足:出展ブースが決まれば、またアップします。