漫然と迎える未来の暗い現実② 2025年ワーク・シフト WORKSHIFT

今回から未来を見ます

前々回までで未来を形づくる5つの要因と32の項目が出揃いました。

それらをベースに2025年、漫然と迎える未来の暗い現実を3つ
著者リンダ・グラットン挙げています

今回はその2つ目

 

孤独にさいなまれる未来
人とのつながりが断ち切られる

想像に固くない未来ですよね

と言うか、すでに起こっている現実(ドラッカー的には)ですよね

隣同士でもスマホやPCでやり取りをして、話をしない

先輩、後輩のつながりが薄れていく

硬い言い方ですと

技術伝承ができない

OJTの効果が出ない

事故につながるという場合もあります。気軽に声を掛け合わないので「なんとなく」や「嫌な感じ」が伝えられないのでしょう

そして、孤独を感じるので

SNSでお友達

でも、それはさらに孤独をさそう悪循環のようにも思えます

さて著者リンダ・グラットンのいう孤独とは

同僚との気軽な関係の消滅

→ITを始めとするテクノロジーの進化で、実際に会わなくても仕事ができる

→会話をかわさなくても、仕事がすすむ

家族との関わりの希薄化

→核家族化が進む

→さらには、家族が海外で生活して会えない

次に、著者リンダ・グラットンは孤独にさいなまれる未来を生む要因として

都市化の進行・・・グローバル化の要因

移住の増加・・・人口構成の要因

エネルギー価格の上昇・・・エネルギー、環境問題の要因

家族のあり方の変化・・・社会の変化の要因

大企業や政府に対する不信感・・・社会の変化の要因

幸福感の減退・・・社会の変化の要因

余暇時間の増加・・・社会の変化の要因

と多くの要因がからみあっていると言っています

なかなか、この未来は現実となる可能性が高そうです

ではどうすれば孤独の罠に陥らずにすむのか
著者リンダ・グラットンは

3つのタイプの人的ネットワークを築いていく

と言っています

1.同じ志を持つ仲間

2.多様性にとんだネットワーク

3.自己再生のコミュニティー

です。

著者リンダ・グラットンは3つのシフトを提唱します

第一のシフト 専門技能の連続的習熟

第二のシフト 自己再生コミュニティーを築く

第三のシフト モノの消費から脱却して「情熱的に何かを生み出す人生に転換する」

なるほど。納得なのですが、日本にはなにか足りないようにおもいます

皆さんはいかがでしょうか

著者リンダ・グラットンはイギリス人

この本のベースになった働き方コンソーシアムにはっきり記載されている日本企業は1社だけ

それは2010年の話

日本は2018年現在、森友問題で働き方改革が先送りされる社会

個人的に、日本には

第四のシフト、教育の21世紀化

が必要ではないかと思います

 

次回も「漫然と迎える未来、貧困」です

次回もお楽しみに

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋

自分の未来予想図を描く 2025年ワーク・シフト WORKSHIFT

未来を形づくる5つの要因WORKSHIFTより

自分の未来予想図を描く

前回で未来を形づくる5つの要因、全32要素がでそろった。

著者リンダ・グラットンはその5つの要因、32要素をもとに自分の未来ストーリーを描こう。というのだ。

手順はこうだ

1.不要な要素を捨てる

2.重要な要素を探す

3.足りない要素を探す

4.あつめた要素を分類し直す

5.1つの絵柄を見出す

6.重要なのは、自分が納得できて、自分の未来観と共鳴し合う全体像を見出すこと

→NLP的に言えば6.の後で

そのときあなたには何が

見えますか、

何が聞こえますか

どんな感じをうけますか

それは、

いつ、

だれと、

どこで

と続きます。8フレームアウトカムです。

「働き方未来コンソーシアム」の参加者が描いた未来ストーリーは暗いものが多かったそうです。

でも、十分明るい未来を描けますよね。

それは、何をどのようにシフトすればいいのか

著者リンダ・グラットンはすこしずつ本論へ導きます

次回は「漫然と迎える未来」

ということで、まず暗い2025年を見ます

いったいどのように暗いのか。それを見たいとおもいます

次回もお楽しみに

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋

未来を形づくる要因5:エネルギー・環境問題の深刻化 2025年ワーク・シフト WORKSHIFT

未来を形づくる5つの要因WORKSHIFTより

働き方の未来を予測する

前回は社会の変化でした

今回はエネルギー・環境問題の深刻化です

著者リンダ・グラットン曰く「未来を形づくる5つの要因のなかで、最も不安と無力感を抱いていたのがこの要因だった」

たしかに、2018年現在でも

→太陽光、バイオ、温度差、海洋・・・など持続可能エネルギーのいろいろな取り組みが行われているが、従来の石油、原子力にとってかわる程にはなっていない。

環境省 (NOAA/NASA発表)
環境省 (NOAA/NASA発表)

エネルギー・環境問題の要因で特筆すべきは、3つ

1.エネルギー価格が上昇する

この仮説を受けて、著者リンダ・グラットンは、ものや人の移動を減らす社会を予想している。テクノロジーの進化と合わせ、人の移動はバーチャルな空間に置き変わると予測している。会議、打ち合わせ、実際の協働現場においても人の移動は減る。

2.環境上の惨事が原因で住居を追われる人が現れる

3.持続可能性を重んじる文化が形成されはじめる

贅沢な消費に歯止めがかかる

→石油を使う車、それもベンツ、キャデラックに代表される大型車は成功者のシンボルだった。2018年すでに、電気自動車への流れができている。さらに車を持つという消費行動自体が「時代遅れ、非文化的」と考える社会になる。

著者リンダ・グラットンは、2025年の中心的世代、Y世代(1980〜95年生まれ)は持続可能性重視の考え方をする人が多いと予測している。

これで要因1〜5が出揃いました

要因1 テクノロジーの進化

要因2 グローバル化の進展

要因3 人口構成の変化と長寿化

要因4 社会の変化

要因5 エネルギー・環境問題の深刻化

以上が、未来を形づくる5つの要因、32要素です。

これらの要素をふまえ

次回は「自分の未来予想図を描く」です。

次回は、著者リンダ・グラットンさんの未来を描くプロセスを紹介します。

未来を描く。

NLPコーチングを使ったスキルで私が最も得意な、未来(Vision)を描くはその後でご紹介します。

次回もお楽しみに

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋

未来を形づくる要因4 社会の変化 2025年ワーク・シフト WORKSHIFT

未来を形づくる5つの要因WORKSHIFTより

働き方の未来を予測する

前回は人口構成の変化と長寿化でした。

今回は社会の変化です

今回の要因4と次回の要因5は、軽めです

著者リンダ・グラットンさんの専門外かもしれません

要因4、社会の変化ですが、

テクノロジーの進化、グローバル化の進展、人口構成と長寿化という強い力が渦巻く中で、私達がそれに翻弄されつつ変わっていくことは避けられない。

そして、表面的な部分こそ変わっても、根本的な部分では人間の性質が変わらない。としてマズローの欲求の5段階をあげています。

なるほど、そうですよね

いくら、AIだ、スマホで何でもできる、長生きできる

といっても、

コミュニティーの一員でありたい

仕事や課題の達成感をもちたい

自分の能力や可能性を発揮したい

という人間的な欲求は変わらない

著者リンダ・グラットンは要因4では、7つの項目をあげています

1.家族のあり方が変わる

世界中で家族の規模が小さくなる

→すでに日本ではそうなっていますよね。個人的には昔に戻り大家族に戻ってほしいのですが。テクノロジーがすすむことで小家族化がすすむ。これはマズローの下から2つ目を脅かすと思うのです。だから幸せ感が小さくなるように思います。

マズロー 欲求の5段階
マズロー 欲求の5段階

2.自分を見つめ直す人が増える

→これもすでにそうなってきている。と思います。コーチングが注目されるのもその現れだと思います。人生が長くなる。65歳の定年後、20〜30年生きるとすれば、自分を見つめ直さざるを得ない。かもしれません。

3.女性の力が強くなる

4.バランス重視の生き方を選ぶ男性が増える

→良いですよね

5.大企業や政府に対する不信感が強まる

→そのとおりですよね。アメリカのトランプ大統領、森友学園で紛争する日本の政治家。品質偽造の神戸製鋼他、東芝・・・

6.幸福感が弱まる

著者リンダ・グラットンは、生活水準がある一定レベルに達すると、それ以上に生活水準が向上すればするほど、概して幸福感が弱まっていく傾向がある。と言っています。

幸福感の限界効用以上の弱まわり方ですね

こんな感じでしょうか

7.余暇時間が増える

→これまで余暇=テレビでしたが、余暇の時間で何かを創り出す。という時間の使い方が考えられます。良いですよね。そうしたいですね。

次回は「要因5:エネルギー・環境問題の深刻化」です。

未来を形づくる要因の最後です。

次回もお楽しみに

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋

未来を形づくる要因3 人口構成の変化と長寿化 2025年ワーク・シフト WORKSHIFT

未来を形づくる5つの要因WORKSHIFTより

働き方の未来を予測する

前回はグローバル化の進化でした。

今回は人工構成の変化と長寿化です

総務省ホームページより

35年前、大学の授業で人口論というのがありました。

「A」がとれる。

ということで履修しましたが。

経済的に最も影響力のある「人口」に授業だったのですね。

ということはさておき、

著者リンダ・グラットンは2010年時点で世代を4つに分類しています。

トラディショナル世代:1928〜45年頃の生まれ

2025年には80〜97歳

ベビーブーム世代:1945〜64年頃の生まれ

2025年には61〜80歳

X世代:1965〜79年頃の生まれ

2025年には46〜60歳

Y世代:1980〜95年頃の生まれ(ベビーブーム世代の子供)

2025年には30〜45歳

さらに

Z世代:1995年以降の生まれ

2025年には30歳

4項目

1.Y世代の影響力が拡大する

今の社会を作っているベビーブーム世代と違う価値感をもつY世代

・ワークライフバランスを重視する(ユニリーバ島田由香さん曰くWork in life)

・仕事に面白さをもとめる

従って、仕事の環境を大きく変えることになる

2.寿命が長くなる

60歳を過ぎても働き続ける人が大幅に増える

3.ベビーブーム世代の一部が貧しい老後を迎える

ベビーブーム世代の私達。60歳〜65歳でリタイアしたとして、その後は?

70歳までなら年金と蓄えで。

80歳まででもOKですよね

90歳ならどうですか

100歳なら・・・35年分の蓄えがあるってどんな金持ちでしょう

要は、65歳までに残りの人生分を蓄えるという考えには無理がある。ということではないでしょうか。

4.国境を超えた移住が活発になる

日本にもたくさんの外国人の労働者が増える。すでにふえていますが。

これら4つの要因は明るい面と暗い面がありますよね

明るい面

・健康で長生き

・80歳になっても生産的な活動にかかわる

・移住が活発になればイノベーションが加速される

暗い面

・老後の蓄え

・移住が活発になれば、見捨てられる地域も出てくる

私見:65歳でリタイアなんかしたらのこりの25年〜30年、ひょっとして35年、どうしますか。

65歳まで企業に勤める。

それは結構です。

問題はその後。

考えましょう?

その後の25年、30年、35年のこと

企業は考えてくれませんよね

だから自分で、主体的に

どうやって?

実は、VSPは個人の生き方に使えます

NLPコーチングを採用してますから

個人の将来の事

勿論OKです。

 

次回は「要因4:社会の変化」です

これもすでに起こった未来のようですが、面白いですよ

次回もお楽しみに

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋

未来を形づくる要因2 グローバル化の進展 2025年ワーク・シフト WORKSHIFT

未来を形づくる5つの要因WORKSHIFTより

働き方の未来を予測する

いま、起こりつつある変化 (ドラッカーではすでに起こった未来、でした)

前回はテクノロジーの進化でした。

 

そのテクノロジーの進化と平行して今回は

グローバル化の進展

市原市総合計画
市原市ホームページより

著者リンダ・グラットンはグローバル化の進展の要因を8つ挙げています。

その8つのうち、出版されて7年が経過した今日では「当たり前」とおもわれる要素が3つ。

そういうことなのか。とうなづく要素が5つあります。

今日では当たり前の要素

1.新興国の台頭

中国、インド、ブラジル。製造業と貿易。やはり人口でしょうか。

2.中国とインドの経済が目覚ましく成長した

まさにそのとおり。

3.新たな人材輩出大国が登場しつつある

インド、中国

特に、エンジニアと科学者の人材をこの2大国に求めるようになる。と予測しています。

頷けます。

今年も、就活がスタートしています。「親元をはなれたくな〜い」という日本人男性とは雲泥の差。そんな印象です。

そういうことなのか、うなづく要素

1.倹約型・イノベーションの道が開けた

これまでのイノベーションは先進国で起きた。

テクノロジーの進化、グローバル化の進展により途上国でコストをかけずにイノベーションが成し遂げられ、その成果が先進国に「輸出」されはじめている。

2.世界中で都市化が進行する

2010年〜今日までを振り返れば、まさにそのとおりだ。日本では、東京。あと大阪。その他は寂しい結果だ。

残念ながら、地方再生は難しい。

3.バブルの形成と崩壊が繰り返される

4.世界のさまざまな地域に貧困層が出現する

TED 路上生活者に仕事や安全を提供する実践的な方法

TED 路上生活者に仕事や安全を提供する実践的な方法

アルバカーキの市長であるリチャード・J・ベリーは「仕事をさせて」と書かれたボール紙を持った男性を道で見かけた時、彼の(その状態でボール紙を手にした人達の)訴えをかなえてやろうと決めました。(後略)

ダンボールに仕事がほしい。そんな人、日本で見たこと無い。

このアルバカーキは、一日の仕事を与え$9/日払い、自立させるそうだ。素晴らしい「考え方」です。

で。このアルバカーキはどこにあるの?

なんと、アメリカです。トランプ・タワーがあり、世界の金持ちがあつまり、世界一の兵器をもつ同じ国で、仕事がほしいと路上でダンボールにかかれたメッセージをもっている。

リンダ・グラットンがいうように「世界のさまざまな地域に貧困層が出現する」

国ではなく、地域なんですね。

予測とおりそうなっています。

ということは、日本もそうなる可能性が高いということでしょうか。

なぜなら、ふりかえりますよ。

都市化が進展している。東京と大阪に。ここに人間も物資も集中している。地方は過疎化している。地方で仕事はこれから増えますか?、減りますか?

「親のそばをはなれたくな〜い」という売り手市場もいつまで続くでしょうか。そんな人材いりませんよね。

グローバル化で、インド、中国、ブラジルからドンドン優秀な人材が輸出されています。

日本では、ベトナム、タイが加わります。

 

次回は「要因3:人口構成の変化と長寿化」です

これもすでに起こった未来のようですが、面白いですよ

次回もお楽しみに

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋

未来を形づくる要因1 テクノロジーの進化 2025年ワーク・シフト WORKSHIFT

未来を形づくる5つの要因WORKSHIFTより

働き方の未来を予測する

いま、起こりつつある変化 (ドラッカーではすでに起こった未来、でした)

前回はテクノロジーの進化より

1.テクノロジーの進化、特にコンピュータのコストが急速に下落する。つまり、多くの人が活用するようになる

2.世界の50億人がインターネットで結ばれる
おおよそ、世界中がインターネットでつながっている。という感じ。ここは2025年を待たずに、実現する勢いです。

3.地球上のいたるところで「クラウド」を利用できるようになる

4.生産性が向上し続ける

の4つをお話しました。

今回は残りの6つ

5.ソーシャルな参加が活発になる

ユーザー発のコンテンツが増え、社会のアイディアや活動を取り込んだオープン・イノベーションが盛んになる

6.知識のデジタル化が進む

7.メガ企業とミニ起業家が台頭する

私自身がそうであるように、ミニ起業家が増えると実感しています。

現在でも中小企業と小規模事業者とは区別されています。実態は小規模事業者としても捉えられていない事業者が大勢いると思います。

今後はさらに、定年後のシニア起業家が増えると思います。

定年を迎えても、社会と関わりをもちたい人。でも採用はしてもらえない。または、自分のちからで社会と関わりたいという人が増えると思います。

8.バーチャルな空間で働き、「アバター」を利用することが当たり前になる

アバターは別にして、バーチャルな空間で働くことは実際に多くの企業ですでに行われています。テレワーク自体がこれにあたります。

2025年の未来予測の内容は、25年をまたずに現実となった。というのが実感です。ということは、この本にある内容の多くはこれから実現されていくと考えられます。

日本テレワーク協会
日本テレワーク協会

9.人口知能アシスタントが普及する

10.テクノロジーが人間の労働者に取って代わる

9.10.はまさに「今」の話題ですね。

この本の2025年未来予測は、2018年に実現した

というのが実感です。

ではどう考え、どう行動すればよいのでしょうか。

 

著者リンダ・グラットン氏は未来を形作る5つの要因をあげています。

あと4つ、要因があります。

 

次回は「要因2:グローバル化の進展」です

これもすでに起こった未来のようですが、面白いですよ

次回もお楽しみに

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋