大阪勧業展2017 介護の実技をwebで学ぶ

Willelearning-care-1

Willelearning-care-2

大阪勧業展用、「介護の実技をwebで学ぶ」のポスターができました。

コンセプト:SE、技術者の皆様へ介護の実技を1時間で学ぶ

サブテーマ:充実した仕事をするためには、家庭の平安が大切です。仕事と家庭のバランス(ワークライフバランス)を創ってもらいたい。その具体的なアクションの一つとして、今回は介護実技を取り上げます。

キャッチコピー:介護の実技を学び、介護を必要とする人、介護する人、その周りの人の気持ちを共有しよう。

少し俯瞰すれば(NLP的にはデソシエイトすれば)、これもコミュニケーションをとる具体的アクションの一つと考えています。

これから、介護を必要とする人はどんどん増えると言われています。ということは、SE、技術者リーダー皆さんのメンバーの家庭で介護問題を抱える人が増えるということですよね。

この講座で介護実技を学ぶことで、そのメンバーの気持ちになって対話ができるようにっていただければ幸いです。

勿論、あなた自身の家庭で介護実技は役にたつことでしょう。

講座内容

1.入浴介助

2.食事介助

3.オムツ交換

4.杖介助

5.車イスの介助

6.ポータブルトイレの介助

以上の6講座です。

6講座合計で約1時間。

価格は、6講座セット価格 2,000円。大阪勧業展特別価格。(10月末まで)。11月からは、2,400円を予定しております。10月中がお得です。

 

現在、介護のサンプル動画を作成しております。10月10日をめどにリリースしたいと考えています。リリースができましたら、再度アナウンスします。

お楽しみに。

2017 大阪勧業展でお会い出来ることを楽しみにしております。

 

 

VSPのご案内

VSP(Vision Strategy Program、ビジョンと戦略とPDCA)は、当社がつくりましたSE、技術者組織向け
社員参画型経営革新プログラムです

標準化されたプログラムです。

P・ドラッカーをベースにした日本経営品質向上プログラムに、私がNLPコーチングを加えてSE、技術者組織向けプログラムにしました。

これまで、50組織以上の実績があります。

経営者の皆様と個別に打ち合わせする機会を頂きたいと思っています。

2017 大阪勧業展でお会い出来ることを楽しみにしております。

個別相談をお考えなら、ご希望の日程をお知らせ下さい。

また上記、無料VSP体験セミナーに出席していただいた上で打ち合わせのお時間をいただければ幸いです。

いずれも、電話、メール、または当社ホームページのお問い合わせよりお申込み下さい。こちらです。

無料VSP:社員参画型経営革新プログラム 体験セミナー

日程:10月〜11月、5回あります。すべて同じ内容です

日程がご都合に合わない場合は、ご希望の日時を備考欄に入力して下さい。

2017 大阪勧業展でお会い出来ることを楽しみにしております。

 

大阪勧業展2017 SE,技術者組織の経営者向けポスター

 

To managers of SE and engineering organizations

 

 

大阪勧業展用、経営者向けのポスターができました。

コンセプト:SE、技術者組織の組織力と業績を2倍にする

サブテーマ:SE、技術者組織の特性、コミュニケーション不足と業績への無関心という問題を解決するプログラムです

キャッチコピー:個人商店の集まりを解決して、一体感のある組織づくり

 

VSP(Vision Strategy Program、ビジョンと戦略とPDCA)は、当社がつくりましたSE、技術者組織向け
社員参画型経営革新プログラムです

標準化されたプログラムです。

P・ドラッカーをベースにした日本経営品質向上プログラムに、私がNLPコーチングを加えてSE、技術者組織向けプログラムにしました。

これまで、50組織以上の実績があります。

経営者の皆様と個別に打ち合わせする機会を頂きたいと思っています。

2017 大阪勧業展でお会い出来ることを楽しみにしております。

個別相談をお考えなら、ご希望の日程をお知らせ下さい。

また上記、無料VSP体験セミナーに出席していただいた上で打ち合わせのお時間をいただければ幸いです。

いずれも、電話、メール、または当社ホームページのお問い合わせよりお申込み下さい。こちらです。

無料VSP:社員参画型経営革新プログラム 体験セミナー

日程:10月〜11月、5回あります。すべて同じ内容です

日程がご都合に合わない場合は、ご希望の日時を備考欄に入力して下さい。

2017 大阪勧業展でお会い出来ることを楽しみにしております。

 

 

 

成功するSEの要因 TEDよりGrit

先日、2017/9/8 TEDがありました.。参考にしたいので紹介します。

successful-factors-of-se-ted3やり抜く力が成功の秘訣

Grit:The power of passion and perseverance

アンジェラ・リー・ダックワース Angela Lee Duckworth

『』は彼女の言葉です。

『社会で成功するために必要なものは飲み込みの速さ(IQ)だけでないとしたら。と考えた』

『成功する人はなぜ成功するのか』

『社会性、IQ、容姿の良さでも無く』

『Grit:やり抜く力』

『Grit;長期目標を達成するための情熱と忍耐力=やり抜く力』・※1

『やり抜く力=将来のために日々努力すること。1週間や1ヶ月ではなく、何年にも渡ってこつこつ努力し自分の夢を実現すること』・※2

『人生はマラソンという生き方』

『根気強い』

『どうすればやり抜くことができるのか』

『才能とは関係ない』

『調査の結果、才能はあるがやり抜く力が足りない人が多いことがわかった』

『ヒントは、成長志向にある。能力は努力によって変えられる』

『脳は、挑戦することで変化し成長する。そのことを学んだ子供は、失敗してもやり続けることが出来る』

『なぜなら、失敗は永遠に続くものではないと考えるようになるからです』※2

『良いアイデアを思いついたら試してみること』・※3

『有益なアイデアだと確信したら失敗を恐れないこと』・※4

『失敗したらそれを教訓にしてまたチャレンジすること』・※4

いいプレゼンテーションでした。

我々SEにあてはめてみましょう。

・長期目標を持たない・・・※1

・自分の仕事、役割責任、プロジェクトをやり遂げられない

・失敗を恐れる。新しいことへのチャレンジは怖い・・・※3

・SEの周りは新しい技術で溢れているのに、やったことのある技術に固執する

・失敗を生かせない・・・※4

これらがSEの特性でよく上がってきます。

「日々の仕事の波に飲まれている」

「お客からの波、上司からの波、営業からの波・・・」

「終わることはない」・・・※2

「波しか見えない。波をよく見て溺れないように。だから長期目標はない」・・※1

こんな状態でしょうか。

ALダックワースさんのプレゼンとは対照的ですよね。

※9 番号で対比しています。

 

ウィル e・ラーニングJapanのNLPコーチング視点でみてましょう。

※1:長期目標の設定はリーダーがまずなすべき最初の役割です。目の前の波(仕事)から一旦視点を外し(デソシエイトといいます)長期目標を設定して下さい。その目標から今成すべきことを導いて下さい。8フレームアウトカムというスキルを使って長期目標(ビジョン)を導きます。マネジメントの視点だけでは難しいところですが、NLPコーチングスキルで自然に導くことが出来ます。

今成すべきことと、目の前の波を比べて、

課題を導いて下さい。

NLPコーチングの決定的な良さは、この問です。

「その長期目標が達成したら、何が見えますか? 何が聞こえますか? どんな感じですか?」

「何をみたいですか? 何を聞きたいですか? 何を感じたいですか?」

*2:こういった考えすら出てこなくなります。

補足;自分がSEだったころ、たしかに終わることのない仕事の波がつづく。そんな感じを持ちました。でもNLPコーチングを知れば変わります。

※3:NLPコーチング基本前提より

 9. 何も選択しないよりも何か選択した方が良い。何でも良いから

10.失敗はない、フィードバックがあるだけ(全ての結果は何らかの達成である。ただ望んでいたのもであるか、そうでないかがちがうだけ)

※4:だから、フィードバックを活かすのです。

彼女が言うように、『脳は、挑戦することで変化し成長する。そのことを学んだ子供は、失敗してもやり続けることが出来る』。はその通りだと思います。

挑戦しフィードバックを得る。ネガティブネガティブなフィードバックを乗り越える体験がGritを育てる。と考えています。

このGritがSEを長期的な成功に導く。

さて、前回のショーン・エイカー Shawn Achor

🔵 何が成功に導くのか。幸せだと認識することが成功を導く

🔴 今回の、成功は長期目標をやり抜く力 Grit

の考え方は私の提供するプログラム、VSP:Vision Strategic Program SE、技術者の組織力と業績を2倍にするプログラム。に深く関わります。

VSPでは

🔵 ニューロ・ロジカル・レベル(自己認識、貢献と喜び)

🔴 8フレームアウトカム (ビジョンとタイムライン)タイムラインの渦中で成長を実感する

というそれぞれのスキルを使い、個人と組織からリソースを引出します。

この2つはVSPの柱です。それに相当するテーマがTEDで連続して放送されたことに使命を感じました。ですから、このメルマガで投稿することにしたのです。

SE、技術者の皆さんへ。ビジョンを持とう。自分の仕事、そして自分の人生を自分でマネジメントしよう。そのHow Toをここに用意しています。

 

今回のALダックワースさんのお話は、ウィル e・ラーニングJapanのNLP講座のなかでも、日本の先人に学ぶ積極思考 中村天風。が当てはまると思います。

画像をクリックしすれば無料サンプル講座が受講できます。

日本の先人に学ぶページへ

TEDシリーズはまた続けたいと思います。

お楽しみに。

 

コーチングを体験しませんか。無料セミナーの案内はこちらです。

トップページの一番下にメールアドレスを入力して下さい。

🔴 無料サンプル講座と一緒にセミナーのお得情報をお届けします

 

 

SE組織を変えたい経営者の皆様、Vision Strategic PDCAはこちら

willinnovation

 

何がSE,技術者の能力を決めるのか TED幸せアプローチ どうですか?

Because I am happy I succeed

先日、2017/9/8

幸せ ポジティブ心理学 The happy secret to better work

ショーン・エイカー Shawn Achor

 

幸せが成功に導く

という前回のメルマガはどうでしたか?

ひょっとして、こんな感じでしょうか

何が幸せだよ、

毎日お客から好きに言われて

上司からはガミガミ言われ

営業から勝手言われて・・・。

わかります。私もそうでしたから。

では、SEなら、この人の話なら受け止めてもらえるでしょう。

S・ジョブズ スタンフォード大学卒業式辞です。彼はここで、3つの話をしますその最初の話です。

「点と点をつなぐ」

大学を中退し苦労する話です。その時得たものがMACに活かされるという内容でした。

二つ目の話は「愛」と「敗北」についてです。彼は自分が創ったAppleをクビになります。ここでも、その時苦労して得たものがAppleの復活に役立った。と話をしています。

彼は「先を読んで点と点をつなぐことはできない」といっています。

ある時、点と点がつながるのです。

ですから皆さん、今、ベストを尽くし「点」にしましょう。

困難、ネガティブネガティブマインド、を乗り越えようとする中で「点」が出来ます。

「点」はつながるのです。いつか。

 

その点にする機会をもらっている。という意味でも今が幸せなのです。

と思ってみましょう。

無理を言っています。今の私が当時SEマネージャーをやっていた頃の自分に言っても、多分当時の自分は理解できなかったでしょうから。私がラッキーだったのは、単純な性格だったので、ただベストを尽くした。点になった。ということです。勿論、今振り返るとです。ジョブズが言うように前もってはわかりません。

 

私から、コーチングQuestionをひとつ

今の困難。

その困難を乗り越えた後、何が見えますか?

 

次回もTEDからお話をします。テーマは「成功」です。

お楽しみに。

 

コーチングを体験しませんか。無料セミナーの案内はこちらです。

🔴 無料サンプル講座と一緒にセミナーのお得情報をお届けします

下記にメールアドレスを入力して下さい。折り返し案内メールがとどきます。

 

SE組織を変えたい経営者の皆様、Vision Strategic PDCAはこちら

willinnovation

TEDバージョンのメルマガは継続します。お楽しみに。

 

何がSE,技術者の能力を決めるのか TEDアプローチ

Because I am happy I succeed

TED。昨日TEDの放送がありました。

幸せ  ポジティブ心理学 The happy secret to better work

ショーン・エイカー Shawn Achor

 

ポジティブ心理学のお話でとても興味があります。というのもテーマが

幸せ

何が成功に導くのか

という前回のメルマガ「何がSE,技術者の能力を決めるのか 」につながるからです。彼の内容を紹介しながら、NLPの視点で解説を加えたいと思います。

NLP>のマークがそれです。

最初にお伝えしておきます。NLPはポジティブ心理学を包含しています。

 

では、始めます。『』は彼の引用です。

『現実は私たちの脳によって作り上げられています。

脳にある世界を見るレンズがそれぞれの現実をつくります

レンズを変えれば世界が変わります』

NLP>見るだけでなく5感と考えます。見る、聞く、臭う、味わう、体感覚の5つです。人それぞれ優位な感覚があります。

『幸せのメカニズム

多くの人は、環境がその人の幸せを決めると考えていますが、環境は10%残りの90%はその人の脳が世界をどんなふうに見るかにかかっています』

NLP>後ほどニューロ・ロジカル・レベルというもので説明します

『仕事の成功について

成功の要因。IQは25% 楽観的かどうか、物事をポジティブにうけとめられるかどうか

成功を導く法則

従来の考え方を逆転させる必要がある

必死にやれば成功する

もっと成功すればもっと幸せになれる

この考え方は科学的に間違っています

成功するたびに脳が目標を設定しなおすからです

幸せは成功の向こうにある

幸せは手の届かない彼方

成功すれば幸せになるという考え方にとらわれているからです

『逆なのです』 NLP>リフレーミングというスキルがこれに相当します

『脳はこの考え方とは逆の働き方をします

ポジティブな状態、幸せな状態だと脳ははるかにいい機能をします。

思考力や生産性が上がる

31%高くなる

現状に対してポジティブな状態、幸せな状態になれば生産性があがり成功する』

NLP>状態管理のことです

『ポジティブになればドーパミンが出て幸せを感じるだけでなく、学習機能をON にしてこれまでと違うやり方で対応できるようになります

ポジティブになる方法

毎日、3つの感謝、3週間

物事をポジティブにとらえようとする習慣が身につく

脳も鍛えることができます

意識して親切な行動をとる』

かれのプレゼンのありがたいところは、この具体的な行動「こうすればいい」を示してくれていることだと思います。

NLP>親切な行動をとればオキシトシンが出ます。これはドーパミンより効果的です。一般にオキシトシンの効果として

幸せな気分になる
脳・心が癒され、ストレスが緩和する
不安や恐怖心が減少する

などが言われています。

NLP>ニューロ・ロジカル・レベルを説明します。

下の三角形は自分自身、上の三角形は自分の周りを表しています。上の三角形、つまり周りの人・社会に良いことをする、貢献することでオキシトシンが出ます。

今の状態が良くない、幸せでない。というのは上の三角形に不満を持っている状態といえます。オキシトシンが出る逆の状態です。

自分の状態を考える場合、下の三角形だけでなく上の三角形から考えると冷静に自分を見ることができます。

先のTEDで幸せかどうかを決める環境要因は10%と言っていました。この三角形の並びでもそう考えられます。環境は大事です。すべての土台ですから。

ウィル e・ラーニングの講座はこの考え方にもとづいて、NLPを採用しています。また、VSP(Vision Strategy PDCA、ビジョンと戦略とPDCA)はマネジメントにNLPコーチングを加えています。

状態管理について、こちらのウィル e・ラーニング講座をご覧ください。

これからのSEリーダーが知るべき実践型コーチングの基本

なるほどそうかのNLP入門セミナー1〜3 小寺博仁(約90分)
コミュニケーションの本質 リフレーミングのスキル 等を知る 

🔵 こんな人へ コミュニケーションや業績の問題を解決したい
リーダーの皆様へこれまで大手から中堅企業で多くの研修実績がある講座です。多くのSE,技術者組織のリーダーや管理職が受講しています
❐ ここがポイント 違いを生み出す違い

ビジネスコーチングに最適

すべてのものは(目標達成のための)リソースになる

❐ リーダーシップここが学べる 目標設定、能力発揮、コミュニケーションの本質、モデリング、フレーミング、ネガティブを活用、これからのマネジメント、ビジョンの共有(プロジェクトMGRがまずすべき事)、潜在意識(能力)へアクセス、人生を豊かにする
❐ ここがお得 価格と内容。
NLP(プラ+マスター)を受講すると60万程かかると言われています
NLPスキル 脳の3原則、状態管理、メタモデル、フレーミング、リフレーム
画像をクリックしてサンプル講座をご覧下さい

 

To SE Leader Engineer organization leader

 

SE組織を変えたい経営者の皆様、Vision Strategic PDCAはこちら

willinnovation

TEDバージョンのメルマガは継続します。お楽しみに。

 

大阪勧業展2017に出展します 3階 E48 出入口すぐ

大阪勧業展に出展します E48

昨年に引き続き、大阪勧業展に出展します

場所は3階、E48。といいまして3階の出入口すぐです。

出入口といいますのは、勧業展は一方通行で18日と19日で方向が逆転するからです。

18日は3階の出口手前左側。この日は3階→2階→1階が順路です。

19日は3階の入り口すぐ右側。この日は変わって1階→2階→3階が順路です。

 

出展内容

コンセプト:SE、技術者組織の問題を解決するマネジメント+コーチング

メイン:ウィル e・ラーニング

サブ:SE組織を変えたい経営者の皆様。

社員参画型経営革新標準プログラムVSP Vision Strategy PDCA

 

さらに、
実は皆様が気になってるテーマ

介護実技の e・ラーニング講座を合わせてご案内します。

家族のことがきになっていては、安心して仕事がでません。介護は日本人全員が取り組むテーマです。すこしでも、お役に立てればと思います。

大阪勧業展とは

昨年はじめて出展しました。その体験と本日の説明会からご紹介します。

まず、大阪府下約380社が出展する関西ではビッグイベントのひとつです。特徴は、いろんな業種業態の企業が出展しているところです。例えば、化学、エネルギー、環境、衛生、紙、印刷、生活関連用品、建設、金属、機会、食品、繊維、情報、通信、そして私のようなサービス業さらにはコンサルにいたるまで出展しています。ですから見る側は楽しいと思います。ちなみに、私が3階ということはサービス業は3階ということです。そこには税理士さんや社労士さんの名前もあります。昨年より出展企業は多いそうです。

ここ2年、来場者数は8,000名を超えているそうで今年も同じ位を予想しているとのこと。なにせ、2日目の午後はすごい人です。できるだけ1日目に来場されることをおすすめします。

上の写真に「商機」とあるように、商談の場です。ですから出展者(社)は真剣です。それも来場者にとっては良いことですよね。ちなみに、出展者同士の営業も活発なんです。これは去年ちょっとおどろきました。

時間の許す方、ご来場をお待ちしています。

 

VSP(Vision Strategy PDCA、ビジョンと戦略とPDCA)はマネジメントにNLPコーチングを加えています。

ウィル e・ラーニングはこちら

To SE Leader Engineer organization leader

 

SE組織を変えたい経営者の皆様、Vision Strategic PDCAはこちら

willinnovation

 

何がSE,技術者の能力を決めるのか NLPアプローチ

大学人合同発表会

 

2017/09/02

当社のセミナー会場にて(ウィル株式会社)

小寺博仁先生の卒業生、NLPマスター、による勉強会が開催されました。(英雄の旅と言っています)

本日は、CDAの先生による近況報告でした。

2017/8/26 甲南大学で行われました大学人合同研究発表会の内容をご紹介してただきました。

その主訴は、CDAの皆さんへふだんの仕事をもっとレベルアップしましょう。

私達CDAのお客様である学生、特に就活生の潜在能力をもっと引出しましょう

そのためにNLPアプローチをご紹介します。

というものです。

ストーリーですが、まず、就活生にとって面接とは

「いやなもの」「逃げたい」 「自信がない」 「失敗した」

という代物(状態)です。

それはつまり状態を選んでいる。「結果」も自分で選んでいる。といえます。

つまり状態が能力を決めるのです。

では、その状態はどうやって作ればよいのでしょうか。

 

もう一つ例があります。この間のサッカーのような場合

A:負けられない勝負がここにある

と考えるとあなたはどんな状態になりますか

B:きみはもう、勝利の歓声をあびている

こう考えるとどうでしょう。

 

そうなんです、「質問」によって状態を引き出します。

このページの最初の図をもう一度見て下さい。日常使っている顕在意識は氷山に例えると水面上のごく一部です。その下には膨大な潜在意識があります。この潜在意識(各自の人生経験+DNAに潜んでいる物)から適切な情報を引出し、望ましい状態にする。

これがNLPアプローチです。

学生、就活生と比べると社会人であるSE、技術者のみなさんにはもっと多くの、そして専門的な潜在意識があるはずです。それを活かしましょう。

この自分自身の潜在意識を活用する。というアプローチはSE、技術者の特性に合っています。そう思いませんか。例えば、営業部門でよくあるのは「他と比べる」や「インセンティブ」を取ろうというアプローチです。SE、技術者にとっても魅力は有ります。がこれらは結果であり、その前に自分の状態が良くなる。自分の成長を実感できる。

これが重要だといえます。

SE、技術者の能力は◯⬛△という話はよくあります。しかし、能力を決めるのは何か、そしてそのためにはどうすればいいのか。という解をもっているのはそんなに多くないと思います。

状態をそして結果を120%にしていけばどんな成果になるでしょう。楽しみですよね。

私は60歳前にマネジメントとNLP(コーチング)に出会い、これらを融合しVSPというソリューションにしました。

これからのSE、技術者の皆様にはもっと若い時にこれら(マネジメント、NLPコーチング)を知ってほしい。知って成果を出してほしい。自分の仕事をそして自分の人生を自分でマネジメントしてほしいと思います。

 

 

ウィル e・ラーニングの講座はこの考え方にもとづいて、NLPを採用しています。また、VSP(Vision Strategy PDCA、ビジョンと戦略とPDCA)はマネジメントにNLPコーチングを加えています。

ウィル e・ラーニングはこちら

To SE Leader Engineer organization leader

 

SE組織を変えたい経営者の皆様、Vision Strategic PDCAはこちら

willinnovation

NLPマスターによる勉強会は、継続して開催する予定です。このメルマガでもまた紹介したいと思います。