第3のシフト 勇気 ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

シフトを実践する#5

私たち一人ひとりにとっての課題は、明確な意図を持って職業生活を送ることだ。

自分がどういう人間なのか、人生で何を大切にしたいのかをはっきり意識し、自分の前にある選択肢と、それぞれの道を選んだ場合待っている結果について、深く理解しなくてはならない。

そのためには、自分が望まない選択肢にきっぱりノーと言う勇気が必要だ

自分が大切にしたい要素を優先させる職業生活を送れる後積極的に探す姿勢が必要だ

普通でありたいと思うのではなく、他の人とは違う、1人の個人として自分の生き方に責任を持ち自分を確立していく覚悟が必要だ

この本は次の一文で締めくくられています

仕事と職場は、あなたが生きがいを見つけられる場である可能性が高い

その場を生かすか殺すかはあなたの勇気次第だ

ながらく続けました

ワーク・シフトも終わりとなりました

この本を読んで良かったこと

1.この本は2011年に出版された2025年を予測したものです

そして、当たっています

つまり、この本には2025年が書かれているのです

2025年が分かるのです

2.働き方改革の原点

働き方改革を考える上で、軸ができたと思います

ユニリーバの取り組みをしることができました

IT関連のGoogle、Ciscoの話も理解が進みました

3.NLPの有効性を再確認できた

第二のシフト

はそのものでした

では、次のテーマがきまりましたらまたご案内します

お楽しみに

ウィル株式会社 

エンジニア組織のマネジメント コンサル・コーチング

奥野 智洋

第3のシフト ジレンマを乗り越える ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

シフトを実践する#4

自分の将来を自分で選択する

その選択の責任は自分にある

その選択にはジレンマを伴う

そのジレンマの中にこそ、あなたが光り輝くチャンスが隠れている

5つの要因が働き方の常識を土台から揺さぶる結果、自分の人生を自分自身で形付ける可能性が大きく開ける

組織の中で人間らしい性質を押し殺して生きる必要はないし、会社と言う大きな機械の歯車の1つとして生きる必要もない

自分で選択を行い、選択の結果に責任を持てるようになる。そういう生き方を選択するために避けて通れないのは、自分の感情を受け入れ、欠点を素直に認めること

そしてぬるま湯につかったままでよしとせず、リスクを背負い、勇気をもって行動することだ

ここで重要になるのは第2のシフト

なるほど、たしかに

ジレンマを乗り越えることで選択したものを得ることができる

そして、選択しなかったものを諦める

選択だから

しかし選択しなければ何も無い

自分のジレンマに気づき

自分の欠点を素直にうけいれる

そのためには、信頼できるひととのネットワーク(第2シフト)のが確かに必要ですね

セルフコーチング

それをNLPではカバーします

自分との対話

NLPのベースになる

アソシとデソシ

NLPの基本スキルです

次回は、<シフト>を実践する#5

勇気

お楽しみに。

ウィル株式会社 

SE,エンジニアのマネジメント コンサル・コーチング

奥野 智洋