第3のシフト 勇気 ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

シフトを実践する#5

私たち一人ひとりにとっての課題は、明確な意図を持って職業生活を送ることだ。

自分がどういう人間なのか、人生で何を大切にしたいのかをはっきり意識し、自分の前にある選択肢と、それぞれの道を選んだ場合待っている結果について、深く理解しなくてはならない。

そのためには、自分が望まない選択肢にきっぱりノーと言う勇気が必要だ

自分が大切にしたい要素を優先させる職業生活を送れる後積極的に探す姿勢が必要だ

普通でありたいと思うのではなく、他の人とは違う、1人の個人として自分の生き方に責任を持ち自分を確立していく覚悟が必要だ

この本は次の一文で締めくくられています

仕事と職場は、あなたが生きがいを見つけられる場である可能性が高い

その場を生かすか殺すかはあなたの勇気次第だ

ながらく続けました

ワーク・シフトも終わりとなりました

この本を読んで良かったこと

1.この本は2011年に出版された2025年を予測したものです

そして、当たっています

つまり、この本には2025年が書かれているのです

2025年が分かるのです

2.働き方改革の原点

働き方改革を考える上で、軸ができたと思います

ユニリーバの取り組みをしることができました

IT関連のGoogle、Ciscoの話も理解が進みました

3.NLPの有効性を再確認できた

第二のシフト

はそのものでした

では、次のテーマがきまりましたらまたご案内します

お楽しみに

ウィル株式会社 

エンジニア組織のマネジメント コンサル・コーチング

奥野 智洋

第3のシフト ジレンマを乗り越える ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

シフトを実践する#4

自分の将来を自分で選択する

その選択の責任は自分にある

その選択にはジレンマを伴う

そのジレンマの中にこそ、あなたが光り輝くチャンスが隠れている

5つの要因が働き方の常識を土台から揺さぶる結果、自分の人生を自分自身で形付ける可能性が大きく開ける

組織の中で人間らしい性質を押し殺して生きる必要はないし、会社と言う大きな機械の歯車の1つとして生きる必要もない

自分で選択を行い、選択の結果に責任を持てるようになる。そういう生き方を選択するために避けて通れないのは、自分の感情を受け入れ、欠点を素直に認めること

そしてぬるま湯につかったままでよしとせず、リスクを背負い、勇気をもって行動することだ

ここで重要になるのは第2のシフト

なるほど、たしかに

ジレンマを乗り越えることで選択したものを得ることができる

そして、選択しなかったものを諦める

選択だから

しかし選択しなければ何も無い

自分のジレンマに気づき

自分の欠点を素直にうけいれる

そのためには、信頼できるひととのネットワーク(第2シフト)のが確かに必要ですね

セルフコーチング

それをNLPではカバーします

自分との対話

NLPのベースになる

アソシとデソシ

NLPの基本スキルです

次回は、<シフト>を実践する#5

勇気

お楽しみに。

ウィル株式会社 

SE,エンジニアのマネジメント コンサル・コーチング

奥野 智洋

第3のシフト シフトを実践する#3 ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

シフトを実践する#3

シフトを実践し、自分の働き方の未来に責任を持たなくてはならない

そのためには、不安の感情に対する考え方を変える必要がある

自分が直面しているジレンマを否定するのではなく、強靭な精神を育んで、ジレンマが生み出す不安の感情を受け入れなくてはならない

自分の選択に不安を感じるのは、健全なことだ

深く内製し自分の感情にフタをしない人にとって、それはごく自然な心理状態なのだ。不安から逃げたり、不安を無視したりする必要は無い。

なるほど、たしかに

自分自身と真摯に向き合い、乗り越えていく

そこにこそ、成長と飛躍のエネンルギーがある

逃げて、避けて

では、成長は無い

自分自身と向き合い、乗り越えるまで

波のように
さあ、乗り越えよ
乗り越えて成長せよ
と言わんばかりに

次回は、<シフト>を実践する#4

お楽しみに。

ウィル株式会社 

SE,エンジニアのマネジメント コンサル・コーチング

奥野 智洋

第3のシフト シフトを実践する#2 ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

シフトを実践する

私たちが馴染んできた仕事のあり方が本格的に形成されたのは、産業革命後のことだ。

機械の普及により、仕事のやり方が変わり、仕事をする場所が変わり、時間に関する意識と働く理由が変わった。

働き手が機械のごとく扱われるようになり、機械のように機能することを求められるようになった。

問題は、それに伴い、責任を持って自分の行動を選択しないという点でも、私たちが機械と同じになったことだ。

未来に向けたシフトについて理解を深めれば、あなたは極めて大きな選択を迫られるようになる。

あなたがバランスのとれた生活を重んじ、やりがいのある仕事を重んじ、専門技能を段階的に高めていくことを重んじるのであれば、それを可能にするためのシフトを実践し、自分の働き方の未来に責任を持たなくてはならない。

確かに、

働き手が機械のごとく扱われるようになり、機械のように機能することを求められるようになった

その典型は日本の教育に見られる

同質を求められる

異質、独自性、は嫌われる

同じことを、なんども繰り返し、それに耐えられる人が優秀と見なされる

日本人はそれに素晴らしく適応した

試験。と名がつくものはそうですね

何度も繰り返し、覚える。正確にアウトプットする

私も、長年英語を勉強しましたが

現在、ヒアリングもスピーキングもできません

「私たちが機械と同じになったことだ」

だからこそ

これからの社会を変えていきたいと思いますよね

自分にふさわしい仕事のやり方を選び(創り)、自分で責任をもつ

リンダ・グラットンが2025年を想定した社会に<シフト>するならば

2050年には、その社会が常識になっているのでしょう

私達の世代は転換点にたっている

私達の役割はその転換を起こすこと

水の流れをチョット変える、それは時間の経過とともに大きな方向転換となる

自分の世代の役割がわかった

次の世代につながった

そんな実感です

次回は、<シフト>を実践する#3

お楽しみに。

ウィル株式会社 

SE,エンジニアのマネジメント コンサル・コーチング

奥野 智洋

第3のシフト シフトを実践する#1 ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

シフトを実践する

想像してみて欲しい。ものを大量に消費することを人生最大の願望と位置づけることをやめにしたら、どういう未来がやってくるだろう

大量消費に変わり、充実した家庭生活や深い友情、やりがいのある刺激的な仕事、創造性と芸術を重んじる人生など、様々な要素が新たな優先事項になるかもしれない

そうゆうシフトが実現するための転換点は、どのようにして訪れるのか

制度や政策など環境の変化がそれを後押しする面もあるだろうが、私達が仕事について深く考え始めてこそ、シフトが加速すると、私は思っている

といっても、一人一人が他の人と関係なしに自分の頭の中だけで考えるべきだとは思わない

むしろ、人々がこのようなテーマについて語り合い大勢の人々が結びついてグローバルな変化を生み出していく可能性が高いと思っている

確かに、

私も、そう思います。

どのような働き方を自分はしたいと考えるのか

21世紀も20年が経とうとしているが、この世紀にふさわしい働き方、生き方はどんなものなのか

そんなテーマを20世紀、昭和の時代に話し合った経験は無いですね

早く、高く、多く、沢山、強く、勝つ

といった社会通念のもとに生活し、働きてきたように思います

自分にふさわしい生き方、働き方

それを自分で考え、話し合い、自分で選択していく

希望のある21世紀です

次回は、いよいよ<シフト>を実践する#2

お楽しみに。

ウィル株式会社 

SE,エンジニアのマネジメント コンサル・コーチング

奥野 智洋

大阪勧業展2018 出展しています

SE,エンジニアの働き方改革はRPAで時短から

大阪勧業展2018 A-22

SE、技術者組織のマネジメント・コンサル、コーチング

個人商店の集まりを解決

組織活性化

そして、

SE,エンジニアの働き方改革は

RPAで時短から

興味をもっていただきました。

大阪勧業展へお越しください。

2018年10月17日(水)~18日(木)

マイドームおおさか

3F A-22

ご来場をお待ちしています。

第3のシフト 消費からシェアへ ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

消費からシェアへ

私たちはこの先、働き方に関してどういう選択をすればどういう結果がもたらされるかを明確に意識した上で、自分の選択をじっくり考えるようになる。

このシフトを成し遂げるのは簡単ではない。

多くの企業が古い約束事を望ましいものと考え続ければ、会社を動かす企業文化と間に摩擦が生まれることも予想できる。

働き方を選択する際は、何を優先させ、何をあきらめるかを決めなくてはならない。

この判断を下すにあたり、マイカーやマイホームなど、古い約束事の下で重んじられていた高額商品の購入をあきらめると言う決断をする人も増えるだろう。

ものを消費する量が減るかもしれない。そういう変化を成し遂げることが不可欠だと考える論者もいる。

例えば可動性と柔軟性がますます重要になっているので、マイホームを所有しているせいで、経済的にも地理的にも身動きが取れなくなっている人は多いと言う指摘がある。

物の消費を減らすとすれば、どうやって生活の質を維持すればいいのか。

1つの方法は様々な資源をシェアすることかも知らない。

クラウド上ではすでに、複雑なITプログラムやシステムがシェアされていて、いつでも必要な時にダウンロードしてみよう。

なるほど

2011年、この本が出た当時はそう考えられたのでしょう

たしかに

リンダ・グラットンの見通したとおり、ITプログラムはシェアされています

何故言い切れるか

それは、このホームページはWordpress

RPAはUipath

英語がわからないときは、

Google翻訳

いつも、リンダ・グラットンが見通したITプログラムのシェアの恩恵を受けています

そして今や

Amazonの中古

Yahoo オークション

メルカリ

ブックオフ

原宿の古着屋

human forum

民泊

など、シェア花盛り

私自身も、父親の上着、ズボン、を着るのが楽しみです。

大切なものを大切にしてくれる人につなげていきたいですね。

ということは、働き方改革→価値観の<シフト>は

日本人にむいている

日本人が自分を見つめ直す良い機会ではないでしょうか

次回は、いよいよ<シフト>を実践する

お楽しみに。

なんですが、

明日明後日、17日(水)18日(木)は

大阪勧業展2018に出展

3階 A-22 ブースです

その状況をお伝えします

ウィル株式会社 

SE,エンジニアのマネジメント コンサル・コーチング

奥野 智洋

第3のシフト 自分にとって本当に大切なもの ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

自分にとって本当に大切なもの

私にとって重要なことがあなたにとって重要だとは限らないし、私が望む働き方があなたの望む働き方と同じだとも限らない。

私たちは一人一人が自分なりの働き方の未来を築いていかなくてはならない。

どういう働き方を望むかは、幼い子供の有無など、一人ひとりの私生活上の環境に影響を受ける面もあるし、一人ひとりの性格や将来の夢に影響受ける面もある。

<第3のシフト>を実践する上では、人間のニーズと願望が多様であることを理解しそれを好ましいことだと考える姿勢が不可欠だ。

なるほど、自分なりの未来を築いて行かなくてはならない

これまでのように、ひな形がありそれを従順にまもる生き方ではなくなるのだ。

望ましいことではないでしょうか。

私が、コンサルをしていて

心配することがあります。

私が、コンサル、コーチングをする意味でもあるのですが。

なんと、自分の将来を考えていない、

考える機会が無かった

人の多いことか

リンダ・グラットンのいう、自分の未来を自分で・・・。とは程遠いです。

気づいたのは

ネッツトヨタ南国の横田英樹社長(当時)の発言

「一番大切なことは、一番大切なものを、一番大切にすることだ

・・・当たり前のようですが

今週あなたは、一番大切なものに何時間かけましたか

くだらない飲み会、ゴルフ等には何時間かけましたか」

幸せになるために、人間的成長を実感するためにここ(ネッツトヨタ南国)で働く

おそらく、2010年にリンダ・グラットンが

自分なりの人生築いていか無くてはならない

と予想したことは、

1990年頃、横田社長は実践していた

そのあとを、西精工の西泰宏社長は実践した

なぜ実践した。といえるか

西精工では、全社員がミッション・ステートメントを書く

それは自分の人生の計画書

二十歳そこそこの若者が、自分の人生を考える

そんな機会があることは、幸せです

では、これを読まれたみなさんも

今、自分の人生を考えてみてください

そして、何度も考え直してください

次回は、消費からシェアへ

お楽しみに。

ウィル株式会社 

SE,エンジニアのマネジメント コンサル・コーチング

奥野 智洋

第3のシフト 重要なのは選択肢を理解すること ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

重要なのは選択肢を理解すること

選択しない。という選択はもう無い

このシフトに関して、私たちはどの程度まで自分で自分の未来を築けるのか。

昔は仕事と未来に関する選択の多くを勤務先の会社が行っていたが、指揮命令機構と上位下達型の意思決定システム、融通のきかない人事制度がくずれはじめ、選択の幅が広がりつつある。

主体的に選択を行い、自分の未来を築こうとすれば、ジレンマで不安、罪悪感にさいなまれる事は避けられないが、選択を行わないと言う選択肢はもう無い。

選択肢が広がる中で、未来に向けて行われる賢明な選択とは、どういうものなのか。私はこの第3のシフトに関して、2つの予測を立てている。

1つは、私たちがどういう未来を作り出す彼は今どの会社に勤めているかより、一人一人がどういう希望やニーズ、能力を持っているかで決まると言うこと。

もう一つは、私たちの仕事のモチベーションを高める上で大きな役割を果たすのがお金と商品ではなく、充実した経験になると言うことだ

なるほど、選択するしかない

ですか。この本では2012年の出版。

それから6年がすぎ、結果が出ている。

その結果は、

ユニリーバ、島田由香さんの発言通りです。

働き方改革ですべきことは、働き方の選択ができるように環境を整備すること。

選択肢の無い環境では、ESは低いのです。

違った、アプローチです

JQA(日本経営品質向上プログラム)高橋伸夫先生のセミナーから

自分で判断できる選択肢がある方が、

自分で選択した将来が認識できている方が、

ESは高くなる。

と教えていただきました。

私が、コンサルをしていて

リンダ・グラットンの1つ目の予想はあたっている。と感じます。(ほとんどこのWorkShiftにかかれていることはあたっているのですが)

「1つは、私たちがどういう未来を作り出す彼は今どの会社に勤めているかより、一人一人がどういう希望やニーズ、能力を持っているかで決まると言うこと」

どの会社でも当てはまる。

会社の規模、業種ではない。

Y世代、社会の趨勢なのだ。(1980年~1995年頃生まれ)

だから私のマネジメントコンサルティング・コーチング

つまりVSP:VISION STRATEGY PROGRAM

は、組織のビジョンのまえに

個人のビジョンを考えます

それが重要なのです

そして

次回は、自分にとって本当に大切なもの

お楽しみに。

ウィル株式会社 

SE,エンジニアのマネジメント コンサル・コーチング

奥野 智洋

第3のシフト 消費より経験に価値を置く生き方へ ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

では、<第三のシフト>を実践し、お金を最大の目的にはたらくのではなく、充実した経験を味わうために働くという発想に転換するためには、何が必要なのか。

リンダ・グラットンは大勢の人につぎの問いを自問してもらっている

「なぜ、私は働くのか。私はどういう理由で、今の仕事を選んだのか」

以下、典型的な回答です。

*一緒にいて楽しく、いろいろなことが学べる同僚と過ごせる

*手強い課題に取り組める

*柔軟なスケジュール

*学ぶため

*マネジメントをするため

*休暇

*進歩している組織に所属することは素晴らしい

<第三のシフト>をおしすすめる舞台はととのった

私が働くのは、充実した経験をするため。それが私の幸せの土台だ

おしすすめるには、古い約束事に変わって新しい約束事を形作る必要がある。

そのためにはまず、自分の前にどういう選択肢があり、それぞれの選択肢を選んだ場合にどういう結果が予想され、何を諦めることになるのかを明確に理解しなくてはならない。

なるほど、舞台はととのった。

ですか。リンダ・グラットンは2010年に発言している。それから8年がすぎた。

日本でも、舞台はできた。といえるでしょうか。

現在では、日本の多くの人も「お金を稼ぎ消費することが最大の目的」とは答えないでしょう。

ということで、舞台はととのった。

しかしながら、そのように答える日本人の多くが「自分で自分の将来を切り拓く」

とは考えていない。

考える機会がない。

という状態は残念だと思います。

この投稿を機会に、自分の将来を考えて欲しいですね。

次々回、自分で自分の未来を築く。

をテーマにします。

次回は、重要なのは選択肢を理解すること

お楽しみに。

ウィル株式会社 

SE,エンジニアのマネジメント コンサル・コーチング

奥野 智洋