未来を形づくる5つの要因 働き方改革 2025年ワーク・シフト WORKSHIFT

未来を形づくる5つの要因WORKSHIFTより

未来を形作る5つの要因を著者リンダ・グラットン氏はあげています

要因1 テクノロジーの進化

要因2 グローバル化の進展

要因3 人口構成の変化と長寿化

要因4 社会の変化

要因5 エネルギー・環境問題の深刻化

の5つです。

そう、わかりきった事なんです。

だから、逆に未来の予測に信憑性が高いといえる。のではないでしょうか。

この本は2010年にかかれています。

7年経過した現在では、その通りとうけとることの出来る5つの要因です。

では、2010年当時、もしあなたがこの5つの要因を聞いたらどんな印象でしょうか。

そうですよね、2010年だって、その通りですよね。

ちなみに、2010年はこんな年でした

  • バンクーバー五輪開催(銀3、銅2)
  • サッカーワールドカップ南アフリカ大会で日本大健闘のベスト16
  • 日本年金機構が発足
  • 芥川龍之介賞には磯崎憲一郎、直木三十五賞に北村薫が選ばれた
  • 小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還
  • 高速道路一部無料化始まる

著者は5つの要因を上げて、それぞれもう1段ほりさげています。

今回は、要因1 テクノロジーの進化をみてみましょう

テクノロジーの進化

著者は、全部で10項目あげています。そのかから

1.テクノロジーの進化、特にコンピュータのコストが急速に下落する。つまり、多くの人が活用するようになる

2.世界の50億人がインターネットで結ばれる
おおよそ、世界中がインターネットでつながっている。という感じ。ここは2025年を待たずに、実現する勢いです。

(2016年、世界におけるインターネットの利用者数は、34億9千万人になる見込み。総務省ホームページより)

3.地球上のいたるところで「クラウド」を利用できるようになる

2と3で、地球上の人とつながっている。感じでしょうか。

4.生産性が向上し続ける

テクノロジーの進化は生産性の向上をもたらし続ける。と予想している。確かに2010年からその傾向が続いている。日本は遅れているようにおもうが。

生産性が向上し続けているのです。これまで、

これからも。きっと生産性は向上するでしょう、世界的に。この本の予想は当たっているので。

前回の投稿にインテック大阪で開催さてたITWeekの写真を掲載しました。

そこでは、RPA花盛り。

大企業では、単純な事務作業を1/3、1/4にしている事例が紹介されています。

記録、転記、計算・・・EXCELのマクロを組めば出来る。

インターネットで参照してチェックするも含めて、RPAに置き換えられています

あなたもホワイトカラーの生産性を向上させる、具体的行動が求められています

次回は「テクノロジーの進化後編」です

次回もお楽しみに

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋

好ましい進路を選び取るために 働き方改革 2025年ワーク・シフト WORKSHIFT

好ましい進路を選び取るために WORKSHIFT ワーク・シフト より

著者リンダ・グラットン氏は序章でこう語っています。

好ましい進路を選び取るために

どのような固定観念を問い直すべきなのか。私たちは3つの面で従来の常識をシフト扠せなくてはならない、と私は考えている

現状維持はありえない 常識をシフト

常識をシフトする

1.ゼネラリスト的な技能を尊ぶ常識

2.職業生活とキャリアを成功させる土台が個人主義と競争原理であるという常識

3.どういう職業人生が幸せかという常識

これまでの常識通り、貪欲に大量のモノを消費し続けることが幸せなのか

 

3.のどういう職業人生が幸せか。という問は2017年11月19日の投稿、ユニリーバの島田さんに通じている。

再掲示「島田由佳さんの講演で、特に印象に残ったコメントを書きます。

Diversity Inclusion Synergy Growthのステップを踏む

Diversity ダイバシティーは必要か?

「イノベーションの源泉と考えている」

働き方改革は「どんな生き方をしたいか」

「どんな時間の使い方をするのか」

と問うもの」

 

どんな生き方をしたいのか、現在の常識をシフトする必要がある。というこの本の主張通り、ユニリーバさんは実践し、その結論として島田さんのことばがあったと考えます。

2017年11月19日の投稿時は、この本の「働き方の未来コンソーシアム」にユニリーバさんが参画していることを知らずに書きました。

島田さんの講演 → この本を再読

してびっくりです。

ということは、この本で2010年に予測されたことは、2017年ユニリーバさんが実証し講演した。

つまり、当たっているのです。

ということは、この本の主張である3つのシフトを行うことが2025年、幸せな職業人生をおくれるということになる。

現状維持にあらず

シフトです。

 

次回は、何が働き方の未来を変えるのか?

未来を形づくる5つの要因

です。次回をお楽しみに

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋

働き方改革 2025年ワーク・シフト WORKSHIFT

今回から、WORKSHIFT ワーク・シフトを紹介します

本日の日経では「働き方」施行1年延期。とありました。

そんな日本のことはさておき、この本の紹介を6回程します。

もうきっかけも忘れましたが、2012年秋に読みました。

その頃まだ私は「働き方改革」という言葉すら知りませんでした。

そして読み返してみてわかりました。

Workshift

世界の働き方改革は2010年に始まっていた

シスコシステムズ、ユニリーバはこの本の冒頭に出てくる。2010年、「働き方の未来コンソーシアム」という世界的プロジェクトに参加してる。(参加企業45社)

つまり、2010年から先進的企業は「働き方改革」に着手している(すでにしていた)のである。

だから、シスコシステムズ、ユニリーバのセミナーを聞くと実績があり説得力が高かった。このブログでもかきましたが、ワールドワイドの企業は働き方改革が進んでいる。と感想を述べましたが、この「働き方の未来コンソーシアム」に参画している企業ならそりゃそだわな。と納得です。

先進的企業45社は、2025年の働き方未来図を2010年には考ええいた。

なぜ、未来を予測する必要があるのか?

これはこの本のなかの文章だが、

「あるべき未来」を描くことは、NLPでもJQAでも同じ。

さらにこの本は

「あってほしくない未来」も描いている。

正確に表現すれば、「漠然と迎える未来」と「主体的に築く未来」である

主体的に築くためには、主体的に未来を考えないといけない。

この本はそうしている。おそらく、この本にある「働き方の未来コンソーシアム」に参画した45社(2010年)のほとんどは、その時から働き方改革を実践したのだろう。

日本は1年延期・・・。世界に遅れる事、約10年。という事もできますが、政府主導でなくてもいいでしょう。

主体的に築く未来が重要です。

この本のすごいところ

繰り返しですが、この本は2010年の時に2025年の働き方の未来図を描いています。

漠然と迎える未来と主体的に迎える未来の2つです。

2010年から7年が経過しました。

つまり、2025年を描いたちょうど中間点に今年は当たります。

そう、一番気になるところ。

予測はあたっているのか。ですよね。

びっくりしたのが

前々回の投稿「働き方改革を成功させるテレワークとは? 田澤 由利さん」を紹介しました。

そのセミナーで田澤 由利さんが話された「働き方改革をこのように実践しています」という内容は、この本の未来予想の方向性とピッタリです。

つまり、当たっているのです。

私の感じでは、この本の内容は2025年よりやや早く実現するのではないか。と思います。

ということで、私は2025年の未来を手にしています。

それを、皆さんに紹介させて下さい。

次回は、何が働き方の未来を変えるのか?

未来を形づくる5つの要因

です。次回をお楽しみに

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋

時間の有効管理 Google デジタルワークショップ

Google デジタル ワークショップ 仕事の生産性の向上

で勉強させてもらいました。

 

そこでは、

時間の有効管理からはじまりました。まさに働き方改革です。

・阻害要因の特定

・時間管理と生産性向上

の2つのポイントを上げています。

まさに知りたいポイントです。

・阻害要因の特定では上記のように、阻害要因の特定は個々の時間調査からと言っています。

10年前、私がやっていました業務改善の考え方と同じです。

このやり方が現在も有効ということで、私は働き方改革に貢献できると考えたのです。

このワークショップでは・時間管理と生産性の向上は、業務の優先順位づけと委任と展開されます。

まさにその通りです。

では、時間調査を行ってどうやって優先順位をつければいいでしょうか。

私の場合は、まず仮説を立てます。

仮説は直接工数(生産性に直接影響するもの)と

関節工数(会議、勉強会など)にわけて考えます。

もう一つの分析軸は、対応する範囲です。

個人、自部門内、自社内、関係社者全体

おおくの場合は、自社内ですが、自部門内もあります。

働き方改革という場合、自社という視点レベルはほしいところです。

前回、紹介しました田澤由利先生の場合は自社というレベルでした。

田澤先生が、テレワークに取り組む先進事例を紹介されました。

第一生命

はるやま

SCSK

SCSKはITは業界ですから興味があります。

日本の人事部でも紹介されていますので、参考にして下さい。

田澤先生がいわれたのは、会社で取り組む働き方改革は

時間あたりの生産高が高い社員を評価する。つまり、ありたい姿の社員を評価する。という考え方です。

そして、改革をすすめるなら

「ひとが働く目的」まで考える

・義務

・生きがい

・報酬

まで考える。

その事例として先の3社をあげました。

SCSKの内容を見ました。報酬に関する取り組みがありました。参考になります。

 

では、次はWORKSHIFT ワーク・シフトを紹介します

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋

働き方改革を成功させるテレワークとは? 田澤 由利氏

大阪商工会議所 ホームページより

 

本日は、上記の田澤由利先生のテレワークのお話を聞きました。

結論はこちら(本日のレジュメより)

働き方改革=生産性向上

働き方改革は必須。

選択の余地はない。日本の置かれている環境から

働き方改革に取り組むことで、働きたくても働けない人が働けるようになる。企業から言えば、人材を確保できるようになる。

逆に言えば、取り組まない企業はますます人材を確保できなくなる。

では、どうやって。

今の仕事のやり方をベースに、テレワークを当てはめる

のではなく、

仕事のやり方(全体)を見直して、テレワークを導入する。

ということでした。

では、どうやって仕事の全体を見直すのか。

ドラッカーのいう、マーケティングとイノベーションのイノベーションにあたります。製品・サービスの提供プロセスをイノベーションする。マーケティングも関わってくると思いますが。

ドラッカーとつながりました。

では、その業務プロセスのイノベーションはどうやって。

上記レジュメの1枚め、赤で囲っているところをご覧ください。

1時間あたりの生産性を向上させる。

それを把握するためには、

成果 ➗ 時間

成果とそれにかかった時間を把握する。ことからスタートです。

では、どうやって。

仕事の棚卸しです。Googleのいうところの時間管理です。

Googleのデジタルマーケティングともつながりました。

次回お話します。

 

もっと言えば、私の仕事コンサルティングは経営革新、業務改革ですから=働き方改革です。

ITも仕事のやり方を変える働き方改革のツールですよね。

ITに限らないかもしれません。

 

私のエンジニア時代は、工数=日、でした。

今は、工数=時間、ですね。

 

 

「是非、出来るところから一歩を踏み出して」

と田澤先生の結びです。

 

では、次はGoogleの時間管理。

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋