働き方改革はRPAで時短から 貴社の働き方改革を具体的に提案・提供します


>

当社を選ぶ理由

1.「低価格」にお応えします。中小企業が導入できる価格です

当社のRPA作成単価 40万円/人.月 対 業界平均 150万円/同

 2.「RPAは費用が高額になったりしないか」にお応えします

まず、スモールスタートを
費用は120万円/3ヶ月 をガイドライン(*1)に一番効果の出るご提案をします

3.「RPAの診断や教育・ツールの提供だと、結局動かない」という不安にお応えします

当社はRPAの作成をおこない貴社と一緒に効果を確認します

4.「RPAってどうしたら導入できるの」にお応えします

 一番効果の出るRPAの導入をご一緒に考え提案します
★当社はコンサルティングがメイン業務です

5.「RPAって導入した後どうなるの」にお応えします

 RPAツールのメンテナンスができるようご説明します(*2)
  スモールスタートの効果を確認後、次のステップをご提案します

(*1) 小規模企業(下の3-2.参照)の場合はRPAツールの費用はかかりません

小規模企業以外の場合はRPAツールの費用は別途かかります。ただし、システム評価については費用はかかりません。

(*2) SE,エンジニアの人ならRPAツールを学習してメンテナンスできるようになります。エンジニアではない人でもEXCEL関数『f(x)』がOKならチャレンジ次第。

1.単純、定型・大量作業からの開放

● 単純、定型・大量作業を自動化
● 貴社にフィットした業務の自動化
方針~業務範囲決定、実際のシステム導入まで
● 業務改善~組織のマネジメントへの拡張性

「一生懸命、たくさん、同じことを」する仕事は終わり

メール添付が来る → 開いてコンピュター入力 → 結果をメール添付 SE,エンジニア 『人』 がすべき仕事ですか?

上記の図だけではありません

・EXCELやワード、その他入力された内容をチェックする

・電卓計算してEXCELやコンピュータに入力する

・Web検索してデータを転記する

・Web検索して計算する

等、単純で大量に処理する仕事は

RPA:Robotic Process Automation オフィスのコンピュータ処理の自動化

に切り替えて、SE,エンジニアつまり「人」がすべき仕事に集中しましょう

 

1,000文字のPDFをTEXTに変換してEXCELに入力するのに

3.6秒です

早いですよね、人より。そして何時間でもOKです。

いくつか、性能評価(パフォーマンスレポート)をアップしていきます。こちらをどうぞ、

RPAで自動化を実現 パフォーマンスレポート01

 

2.こんな仕事に変えましょう

上の1.の自動化を考える

自動化プロセスを動かす

自動化プロセスからの結果を活用して

RPAは

SE、エンジニア(オフィスで働く人)を

単純労働から開放する人間性尊重マシン

考える 発言する 行動する 振り返る ビジョンを話し合う

一言で言えば、コミュニケーションを活性化させる

3.安い。スモールスタートができる価格

 

3-1 特別価格 作成料120万円=40万円/人.月 X 3人.月 

   業界平均(150~160万円/人・月 )の約 1/4 の単価

   お問い合わせお申込みへ

  稼働時 月々の保守料 作成料の3%

費用 月額 40万円 業界平均の 1/3

重要なことは、削減できた時間をどう使うか。本来するべきことは何か。

特別価格 作製料 40万円/人.月 X 3人.月 の内容

 プロセス数4。各プロセスのデータ項目数10以下。

例)プロセス数4 顧客先勤務報告書の処理

 

(注)

1.項目数はプロセス毎にカウントします。同じ項目でもプロセスが別であれば、別途カウントします。

2.プロセス内で同じ項目でも、違う処理をする場合は別カウントします

3.項目数が10を超えた場合、項目数10ごとに、別プロセスとしてカウントします。(上記表を参照してください)

4.Windowsアプリケーションと同様にWebアプリケーションも処理できます。

5.画像PDFからのテキスト出力も可能です。お問い合わせください。
(Google Cloud OCRの機能に依存します)

6.基本料金内の4プロセスを超えた場合

1プロセス追加=10万円でお受けいたします。

3-2 RPAツール UiPath 導入費用

RPAツールはUipathをお勧めします

小規模事業者は無料でコミュニティーエディションを導入できます。

UiPath ホームページより

**小規模事業者様とは、下記3つの全てに該当する必要がございます。
1)保有マシンが250台以下
2)従業員数が250名以下
3)年間売上高が100万ドル(に相当する日本円)以下

4.標準スケジュール 3ヶ月

5.ともかくうごこう(知覚動考)

まずは、一番単純で業務量の多い作業=オートメーション向き=効果の大きい業務から始めましょう。

SE、エンジニアの人ならRPA(UiPath)導入後は自身でメンテナンスが可能です。エンジニアでなくてもEXCELが使える人ならOKです。

ここまで、内容を読んでいただいたなら(知って、覚えた)、次は行動に移しましょう。ここで終わっては何の成果も出ません。

下の、問い合わせフォームに簡単な必要事項を入力し、送信してください。

6.ここが違う

RPAは働き方改革のはじまりです

RPAは働き方改革のはじまりです

その周りには、業務全体を見直す必要性に囲まれています。

本質は、コミュニケーションを良くして「わくわくたのしい業績の上がる組織づくり」です。このホームページのトップ(ホーム)をごらんください。

当社は、SE,エンジニア組織のマネジメント・コンサルティング&コーチングが本業です。

7.当社はRPAツールにUipathを選びました

UiPath デモ動画

選定理由

7-1 コスト

中堅、中小企業には嬉しいコスト設定になっています。
無料です。(詳しい条件は、UiPath ホームページを参照してください)

7-2 教育ツール

eラーニングが無料で受講できます

7-3 Windows製品とのスムーズな連携

Outlook、Excel、Windowsアプリケーション、Webアプリケーション(Ie)等と連携がスムーズです

7-4 拡張性

大規模RPAシステムの実績がうたわれています。UiPathホームページより。

8.お申込み・お問い合わせはこちら

「自社ではどうしたらいいか」

「業務改善、業務の効率化の相談がしたい」

「話を聞いてみたい」

など、お気軽にご意見を送信してください。

9.補足)RPAって何

日本RPA協会より


ANN News CH


「RPA SUMMIT 2017」大阪