SE,技術者組織の経営者リーダー・マネジャーへ 組織力と業績を2倍にする

 

なぜVSPでは、成果がでるのか
VSP:Vision Strategy PDCA ビジョンを描き、方針を立て、PDCAを習慣化

 

1.SE、技術者組織の特性にフィットしたプログラムです

🔴SEや技術者組織の特性とは

Top-se-Characteristic

【良い点】
・受けた仕事をこなす
 →自分の受けた仕事を着実にやろうとする。完了責任が強い
 →特に Q:品質については技術者魂が燃える
・技術指向が強い

【一方で】
・受け身(来た仕事をするのが自分役割)
 →受け身の仕事になりがち
 →自分自信や自分の組織の目標を持たない
 →現在の仕事と自分の目標が乖離している
 →コストを超えて組織や会社への業績貢献という観点が低い
 →人への関心が低い
・高い時術力を身につけることを最重要と考え、それ以外を軽視する

言わば「個人商店の集まり」で仕事をしている状態ではありませんか。

組織力の高い相手には勝てません。組織力が高ければ技術力も当然高くなる。という単純なことが理解できていません。

🔵 SE,技術者組織であれば技術起点でビジネスがあるべき。SE,技術者自身が起点であってほしい。

🔴その特性を把握したとは

個人や組織の良さを引き出すプログラムです  From inside to out
SE個人やチームには向かない上から押し付けではありません

2.マネジメントとコーチングを組み合わせた標準プログラム
  VSP:Vision Strategic Program
ビジョンを描き、戦略を考え、PDCAを組織に定着させるプログラム

マネジメントは、日本経営品質向上プログラム(P・ドラッカーをベース)
コーチングは、NLP(Neuro-Linguistic Programming)
  を採用し、SE特性を考慮したプログラムにしあげています。

標準プログラムですから誰でもどんな組織でも一歩づつ良くなります

このページの最後で無料サンプル講座をご案内します

 

 

3.これまで50社・組織以上の実績があります

4.集合研修や個別コーチングメニューに加え、e・ラーニング講座を用意しました。ウィル e・ラーニングを活用すれば

  • 何度でも繰り返し学習できます
  • 各自の都合に合わせて、スキマ時間で学習できます
  • ウィル e・ラーニング講座だけでも十分能力アップになります

上記のコンセプトにもとづいて、ウィル e・ラーニング講座を作りました。

できるリーダーはマネジメントとコーチング。WEBで学ぶウィル e・ラーニングJapan
できるリーダーはマネジメントとコーチング。WEBで学ぶウィル e・ラーニングJapan

技術者の気持ちと共感してマネジメント、リーダーシップをコーチングできる、そしてだれでも取り組めるフレームワークVSPがある
技術者組織のビジネスコーチングNo1と自負しています

ウィル株式会社のコンセプト

「わくわく楽しいそして業績の上がる組織づくり」

❐ このような皆様へ

 🔵SE他技術者集団の経営者、リーダー

  業績の上がる、一体感のある組織をつくりたい

このような問題点ではありませんか

このような問題点ではありませんか

NLPコーチング基本前提より

11.「問題」「制限」とは、機会である


🔴なんとかしたい
・コミュニケーションが良くない(会話が少ない)
・自分のことしか関心がない
・仲間への関心が低い
・業績に対する関心が低い
・将来展望を持っていない
・自主性、主体性のある言動が見られない

❐ このような成果が期待できます

 1.業績があがります。2倍

 2.個人のモチベーションがあがります
  ・目的思考の考え方ができるようになります
  ・自主性、主体性のある言動が出ます

3.組織力があがります。組織が活性化。2倍
コミュニケーションがよくなります

それは業績・モチベーションを上げる仕組み(フレームワーク)があるからです

❐ 当社の実績 

A社(IT企業 従業員600名) 

VSP:Vision Strategic Programを実施してから、社員のコミュニケーションが良くなった。業績も順調に伸びている。B支社は当時赤字だったこともありVSPを先行させたが、現在では収益の柱となった。

 

ウィル e・ラーニング お客様の声 日本海工株式会社 Y.S様

日本海工株式会社 Y.S様

経営者にとって、NLP入門セミナーの講座が有効でした。「価値観」について、自分が固執していることに気づき、それを変えるハウツーがありました。
20年後のビジョン、10年後の新事業、3年後の中期経営計画を検討するにあたり、NLPの8フレームアウトカムというスキルを使ってコンサルティングを受けたことで大きな経営変革となりました。今20年後から逆算している事自体がNLPの効果です。

土木建設会社 総務部 部長 K.K 様 
マネジメントにNLPを活用する。ウィル株式会社 奥野さんから何度かお聞きした言葉でした。ウィル e・ラーニングを通して、それがよくわかりました。マネジメントとコミュニケーションを一体化させて、一人ひとりのモチベーションを上げていく。私も、取り組んで行きたいと思います。

 

voice of customer 2
voice of customer 2
 株式会社GMT 総合コンサルティング事業部 部長 上南 正博様
マネジャーやリーダーの育成は重要なテーマです。彼らは現場のキーマンでもあります。ですから、集合研修になかなか参加できないのが実情です。ウィル e・ラーニングなら、仕事の空き時間を利用して学ぶことができます。研修は一度受講すればマスターできるというものではありません。この点でも、ウィル e・ラーニングは繰り返し受講できます。
 なにより、ウィル e・ラーニングを現場のみんなと一緒に見て、考えて、「やろうよ」と言える一体感がいいですね。研修を受講してもなかなか現場に伝えきれない問題がクリア出来るかもしれない。そんな期待も持っています。

 

株式会社シード 営業部長 Y.H 様
株式会社シード
株式会社シード
自分の部下にビジネスマナー講座を見るように指導している。ビジネスの基本に加えて業績向上の土台となる接遇マナーがいい。他ではこの講座は無かった。部下からは、分かりやすいとの返事が返ってきている。というような、部下とのコミュニケーションの良いツールになっている。部下は日本人に限らずベトナム人などアジアからの人がいるため、コミュニケーション力育成に助かっている。
日本ワヰコ株式会社 様 
voice of customer

wico voice of user

お客様の声
正直なところ、こんなに幸せな日が、こんなに早くくるとは夢にも思っていませんでした。これも、皆様が目的レベルに共感し、ご支援頂いているおかげ以外んなにもありません。

VSP-Performance

 

できるリーダーに必要な

コミュニケーションもリーダーシップもネガティブネガティブを強みに変えることも、ウィル e・ラーニングJapanで

 

ネガティブマインドを強みに。SE、技術者組織のリーダー・マネジャーへ、あなたも変わるリソースをすでに持っている。この講座へアクセスしたのだから。
ネガティブマインドを強みに。SE、技術者組織のリーダー・マネジャーへ、あなたも変わるリソースをすでに持っている。この講座へアクセスしたのだから。

 

なぜ変わるのか

ウィルe・ラーニングは、NLPコーチングの中にリーダーシップ、マネジメントを組み込んだ統合フームワークだからです。つまり、人を土台に知識を組み込んでいるのです。フレームワークを繰り返すことで学習の段階を上がることになります。

また、ウィル e・ラーニングの講座はNLPマスターの実体験をベースにしたものです。ですから効果が実証されています。

あなたが少し変われば、あなたとあなたの周りは大きく変わり始めます。それも、はじめればすぐに。

❐ 当社の提供するフレームワークVSP(Vision Strategic Program)を生み出したプロセス。

S・ジョブズ スタンフォード大学卒業式辞に感銘をうけました。

「点と点が結ばれる」

大学卒業後株式会社大塚商会に入社、文系にもかかわらずSE配属となる。入社後1年間のプログラマー経験は出来が悪く苦労する。一生懸命やりましたが、出来は良くなかった。2年目からSEとなり無我夢中で取り組む。SE能力を見切られたのか、早くからSEリーダーとなる。(なんと当時は班長と言っていました)

入社当時から一年に一度、大塚実社長の年間の振り返りと今年度方針を聞くのが好きでした。

リーダーでは物件のアサインやフォローに苦労しました。一生懸命やりましたので周りから信頼され成果も出ました。充実していました。その頃会社は中小企業診断士の資格を取るチャンスをくれました。

マネージャーになり、リーダーのときよりさらに責任は重くなりました。リーダーのときはアサインやフォローという案件をどうするという仕事でしたが、マネージャーは業績責任でした。そして人の問題。日々全力投球でした。

その後、プロジェクトマネージャー、システムコンサルを経験する機会をいただきました。ITコーディネーターの資格も早くに取得しインストラクターもやりました。(今振り返るとありがたい限りです)

ITコーディネーターの経営戦略フェーズはJQA(日本経営品質向上プログラム)を採用していることを知り、ITコーディネーターからJQAセルフアッセサーに転向。ここでリーダーシップ→ES(従業員満足)→CS(顧客満足)→業績向上のフレームワーク知り自分の使命を感じた。経営改革は標準化出来る。

大塚商会のお客様のためになることをやれ。という部署に異動。(素晴らしい部署でした)。これまで大塚商会で育ててもらったお返しの気持ちで、自分の評価よりお客様や仲間を重視して、JQAでお客様をサポートした。後に移動してきた後輩からNLPをすすめられた。このNLPにより上記の「リーダーシップ→ES→CS→業績向上」のHow Toを得た。自分の使命を実践する時が来たと認識した。

SEが自分で自分の仕事、そして人生をマネジメントしてほしい。

後でNLPをすすめた後輩に教えてもらったが、これからは人を活かす左脳より右脳アプローチ。私にはそれが向いているとのことでした。

❐ 当社の提供するフレームワークVSP(Vision Strategic Program)

のノウハウを体験できる無料サンプル講座(ウィル e・ラーニング)をおとどけします。

まず、こちらの無料サンプルウィル e・ラーニング講座でVSPの第一歩をふみだしましょう。

NLPコーチング基本前提より

 9. 何も選択しないよりも何か選択した方が良い。何でも良いから

10.失敗はない、フィードバックがあるだけ(全ての結果は何らかの達成である。ただ望んでいたのもであるか、そうでないかがちがうだけ)

無料サンプル講座の申込み メールアドレスだけでOK

🔴無料サンプル講座と一緒にセミナーのお得情報をお届けします

安心してメールアドレスを入力して下さい。メルマガを無条件に送ったりしません。メルマガ購読は別途メールアドレスを入力していただくようにしています。

下記にメールアドレスを入力して下さい。折り返し案内メールがとどきます。

無料サンプル講座の申込み メールアドレスだけでOK

メルマガ購読をおすすめします。

このページのさらに下にメルマガ購読の受付をしています。メールアドレスの入力だけです。

SE,技術者組織の経営者、リーダー・マネジャーの皆様が興味のあるメルマガを発行しています。

主なテーマ:リーダーに求められる6つの能力
1.コミュニケーション
2.リーダーシップ
3.コーチング
4.マネジメント
5.ネガティブネガティブを強みに変える
6.積極思考

是非仲間になって下さい。

 

ウィル e・ラーニングの講座体系

 

コミュニケーション講座

communication

リーダーシップ&マネジメント講座

leadership-management

コーチング講座

coaching

日本の先人に学ぶ積極思考講座

Learn from Japanese Predecessor
Learn from Japanese Predecessor

google-site-verification: googlef5f154bfeb1bd226.html

google-site-verification: googlef5f154bfeb1bd226.html