働き方改革 言いたいことが言える組織

今回は働き方改革の続きです。

前回、Googleの働き方改革成功のポイント3つあげました。

1.文化 2.ツール 3.プロセス

そして、最初の「文化」

①言いたいことが言えて

②失敗を許容してくれる

組織文化のところで、Googleのアリストテレスプロジェクトのに触れました。

①言いたいことが言える

この重要性を改めて気づくことがありました。

ウィル e・ラーニングJapanの講座のなかに「メンタルヘルス」の講座があります。その口座で言われていること

「ストレスが少ない組織は言いたいことが言える組織」

でした。

私のVSP(ビジョン戦略プログラム)では、経営革新に取り組むプロジェクトに皆さんに

まず

遠慮無用

でやってほしいと始めます。

次に、プロジェクトの前提として次の4つをあげます。

可謬主義 価値前提 自責思考 知覚動考

最初の「可謬主義」を促して、対話を高めましょう。と始めます。

簡単なようですが、なかなか遠慮無用で対話がすすみません。逆いえば、これができればプロジェクトは順調にすすみはじめます。

 

今回のまとめ、Googleの働き方改革の目的はGoogleの最も重要なこと。「イノベーションを起す組織をつくるため」だそうです。

働き方改革の目的「何のために」を考え組織で共有することは重要ですよね。

普通に考えれば、働き方改革→働きやすくなる→働く充実感が高まる→生産性が上がる。となりますよね。

次回もこの続きで、リーダーシップの視点で考えたいと思います。

それではまた。

 

コメントをどうぞこちらへ。