第3のシフト 仕事の世界の「古い約束事」とは ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

仕事を世界の「古い約束事」とは?

どうして、これまで私たちは自分の働き方を自分で選ぶことが難しかったのか。

どうして、今働き方をシフトする必要があるのか。第3のシフトで求められるのは、仕事に関する古い約束事を脱却し、未来に押しつぶされないものに転換することだ。

多くの人にとって、仕事に関する古い約束事は、次のようなものだった。

私が働くのは、給料受け取るため。その給料を使って、私はものを消費する。そうすることで、私は幸せを感じる。

古い約束事の中核をなすのは、所得を増やし、消費を増やすことを追求する発想だ。

古い約束事が崩れ始めた

私見

仕事とは、給料をもらうため

自分が働き始めた頃、1980年代

古い約束事

以外に何かある。ということすら考えつかなかった。

古い約束事。以外に働く目的があることを知ったのは、

2000年に入って、

ネッツトヨタ南国 横田英樹社長(当時)の

「我々は、従業員の成長のためにやっている」

という話を聞いてからだ。

日本経営品質向上プログラム(JQA)

はネッツトヨタ南国のような優れた(成熟度が高いといいます)

企業を表彰した。

ネッツトヨタ南国に続く企業がどんどんでてきた。

明らかに、古い約束事は崩れ始めている

 

次回は、古い約束事が崩れ始めた

お楽しみに。

ウィル株式会社

SE,エンジニアのマネジメント・コンサル

奥野 智洋

第3のシフト 大量消費から「情熱を傾けられる経験」へ ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

バランスとれた働き方を選ぶ勇気

<第三のシフト>は、未来に向けて求められる3つのシフトの中で最も難しい。

やりがいと情熱を感じられ、前向きで充実した経験を味わえる職業生活への転換を成し遂げ、所得と消費を中核に添える職業人生から脱却しなくてはならない。

具体的には、自分の前にある選択肢の1つ1つを深く理解しそれぞれの道を選んだ場合に待っている結果を知的に分析した上で、行動に踏み切る勇気を持つ必要がある。

簡単なことではないがそれを実践しない限り、自分が望む働き方自分の忙しい働き方の未来は切り開けない。

<第三のシフト>は、私たちを悩ませてきた非常に大きな問題に関わるものである。

仕事と私生活のバランスを取る必要性が叫ばれ始めてすでに数十年になる。

<第三のシフト>で求められている事は、それぞれの選択肢を明確に理解した上で選択を行い選択の結果と代償を受け入れることだ。

リンダ・グラットンは事例をあげている

子供がいる女性幹部は60%に満たなかった。

子供がいる女性幹部にしても半分以上は1人しか子供がいなかった。

女性幹部たちに実際に話を聞くと、自分が子供を持たずに生きることになるとは思っていなかったと語る人が少なくなく、そのことへの寂しさを口にする人もいた。

話を聞くうちに分かった事は

子供を持たない人生を意識的に選択した女性がごく少数に過ぎないことだ。

私たちは人生における仕事の位置づけを選択する時、こういう落とし穴に陥りやすい。

選択の結果が現実になるまでに時間がかかったり、結果が予期しないものだったりするケースが多いからだ。

多くの女性幹部にとって、子供を持てないという結果は、実際に突きつけられるまでに時間がかかり、しかもたいてい予期しないものだった。

私見

私自身はどうだったか。

職業の選択肢を分析しその結果を受け入れて来ただろうか。

選択肢1。エンジニアからマネジャーへ

選択肢2.マネジャーからコンサルタントへ

選択肢3。独立

選択肢1と2を社内で行うことができた。

というより、会社が用意した。

選択肢3も会社が応援してくれた。

大塚商会に感謝するところである。

では、選択肢1,2を社内で行えなかったとしたら、会社を飛び出しただろうか。

それをするのならば、リンダ・グラットンの言うようにもっと知的に分析し準備をしなければならい。

つきつめるなら、将来を長期的に、すくなくとも10年、見る考え方が必要だ。

今60歳になって、ようやくそれがわかるようになった。

とてもその当時、そんな考え方を持っていなかった。

これからの人、つまりは20代、30代の人にそれが求められている。

というか

できる人とそうでない人に分かれる。

 

リンダ・グラットンは女性幹部の事例をあげている。

ちなみに、彼女自身は二人の男の子がいる。この本のはじまりがその子どもたちとの会話だった。

1人の娘をもつ父親として、充実した人生を娘に送って欲しいと思う。

ということは、やはり子供を二人は育ててほしい。

たとえ、ダンナはいなくなっても。

リンダ・グラットンもダンナのことは何も言っていない。

 

次回は、

<第三のシフト>

仕事の世界の「古い約束事」とは

お楽しみに。

ウィル株式会社

SE,エンジニアのマネジメント・コンサル

奥野 智洋

第2のシフト 自己再生のコミュニティーを築く ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

自己再生のコミュニティー-支えと安らぎの人間関係

昔は、支えと安らぎの源となる自己再生のコミュニティーのことをわざわざ考える必要などなかった。

放っておいても、家族と地域社会がその役割を果たしていた。しかし、未来の世界ではそれをあてにできなくなる。

そういうコミュニティーを意識的に見つけだしたり、作り出したりしなくてはならなくなるのだ。

ポッセ(信頼できる仲間)とビッグデータクアイディアクラウドはバーチャル空間でも機能するが、自己再生のコミュニティーは、バーチャル空間では成り立たない。

現実世界の人間関係である必要があるがそこで、自己再生のコミュニティーを築く上では、場所が重要な意味を持つ。

住む土地を選ぶ

創造性が刺激されること

・公園

・公共施設

・美しいもの

自分の個性をはぐくめること

・人と人との違いに寛容

・自由な雰囲気

他の人と知り合い、友だちになれる

仕事を選ぶ

活力の源となる人間関係を築き、維持するためには時間的余裕が欠かせない。

昔は仕事とプライベートを明確に区別することが妥当だったかもしれないが、最近は両者の境界線がぼやけ始めている。

私生活と仕事は相互に影響を及ぼしているのだ。

私見

私生活は大きく、そして直接的に仕事に影響を及ぼしている。

したがって、私のコンサルティング(コーチング)でまず最初にすることは

VSP:VISION STRATEGY PROGRAM

個人のビジョンを導く

です。

その次に、組織のビジョンをみんなで考える

となります。

この投稿で紹介しました、Google アリストテレスプロジェクトにあるように、私生活のことでもチームの仲間と安心して共有できる状態が、生産性を高めます。

視点を変えれば、安心して話のできないチームの状態では組織のビジョンを共有したり、困難を乗り越えてビジョン達成することは難しいと考えます。

リンダ・グラットンは

仕事を選ぶ

としていますが、日本ではそうそう仕事は選べないので、Googleアリストテレスプロジェクトを目指して

自分が変わり

チームが変わる

こちらのほうが実現性があるのでは

ユニリーバの島田さんのことば、

人は変えられない

でも、人は一瞬で変わる

を思い出します

次回は、

いよいよ、リンダ・グラットンの言いたかったこと

第三のシフト

お楽しみに。

ウィル株式会社

SE,エンジニアのマネジメント・コンサル

奥野 智洋

第2のシフト 自己再生のコミュニティー ワーク・シフトWORKSHIFT

未来に必要となる三種類の人的ネットワーク

3種類目、今回は自己再生のコミュニティーです

2種類目のビッグアイデアクラウドは割愛します

リンダ・グラットン曰く

自己再生のコミュニティー-支えと安らぎの人間関係

テクノロジーが進化し、グローバル化が進展する世界ではバーチャル空間の魅力が高まり、バーチャル空間で活動することへの心理的な抵抗が薄まる結果、私たちが参加するコミュニティーがことごとくオンライン上のものになりかねない。

その代償として私たちは孤独を味わう可能性がある。優しい言葉。人間が常に必要としてきた細やかな要素の多くが失われるからだ。

昔私たちは地域社会や家族を親族関係を通じて、支えと安らぎを得ていた。未来の世界でそうゆう人間関係が完全に消滅するとまでは言わないが、それが当たり前のものではなくなる。温かみのある人間的な絆は、これまでより意識的には含まないと手に入らなくなるのだ。

この点で出重要性を増すのが自己再生の コミュニティーだ。

この種の人的ネットワークは、バーチャル空間の人間関係ではない。

自己再生のコミュニティーのメンバーとは、現実の世界で頻繁に会い、一緒に食事をしたり、冗談を言って笑いあったり、プライベートなことを話し合ったりして、くつろいで時間を過ごす。

生活の質を高め、心の幸福を感じるため、このような人間関係が重要になる。いずれにせよ重要なのは、自分で選択してそうゆう人間関係を築くことだ。

この種の暖かい人間関係が当たり前のように手に入る時代が終わり、意識的に自己再生のコミュニティーを築く必要性が増すのだ。

この点は、未来の人間関係とコミュニティーのあり方に関して、最も難しく、しかし最も興味深い1年だ。

バーチャルな世界は放っておいても猛烈なペースで進化するが、私たちは現実の世界も進化させなくてはならない。しかも、この面ではテクノロジーに頼れない。

私見

自分にとっての、自己再生のコミュニティーとは

まず、家族

友人

気の合う仲間(間接的な仕事仲間)

気の合う仲間(直接的な仕事仲間)

私の方は60歳を超えてから、OB会が増えたように思います。

OB会へ出席すると喜ばれます。

でも、頻繁にあうとなると・・・。

頻繁に会うと言うコト自体、そんなに多くの人ではないですね。

でもそれができる人と会うこと。

それがますます重要になる。

リンダ・グラットンはそう言っています。

そのとおりだと思います。

顧客が私に話をする。

つまりコンサルティングやコーチングを受ける

というのは、この自己再生のコミュニティーに近いと思います

私の場合は

コンサルティング << コーチング

ですから。

顧客の自己再生のコミュニティーに入るのは

私の目標といえます。

では、分析型(左脳型)のコンサルタントはどうでしょうか。

自己再生のコミュニティーではなく、前回お話した、頼りになる同志(ポッセ)ですね。

やはり、これも重要です。

次回は、

自己再生のコミュニティーを築く

そう、築きかたを語るほど重要なのです。

お楽しみに。

ウィル株式会社

SE,エンジニアのマネジメント・コンサル

奥野 智洋

大阪勧業展2018 3階 A-22です

3階 A-22 3年連続いい場所をいただきました

今年は、働き方改革はRPAで時短から

ご来場をお待ちしています。

第2のシフト ポッセ(頼りになる同志) ワーク・シフトWORKSHIFT

未来に必要となる三種類の人的ネットワーク

1種類目、ポッセ(頼りになる同志)

リンダ・グラットン曰く

未来の世界であなたが形作るポッセは、比較的少人数の信頼できるメンバーで構成される。15人は回る事はまずないだろう。もしピンチに立たされればいつでも力になってくれるとアテにできる仲間たちだ。

ポッセは比較的少人数のグループで、声をかければすぐ力になってくれる面々の集まりでなくてはならない。また、メンバーの専門技能や知識がある程度重なり合っている必要がある。専門分野が近ければ、お互いの能力を十分に評価できるし、仲間の能力を生かしやすい。

ポッセのメンバーは以前一緒に活動したことがあり、あなたのことを信頼している人たちでなくてはならない。知り合ったばかりの人ではなく、あなたのことが好きで、あなたの力になりたいと思ってくれる人であることが重要だ。

充実したポッセを築きたければ、他の人と協力する技能に磨きをかけなくてはならない。

他人に上手にものを教え、多様性の強みを最大限いかし、たとえバーチャルな付き合いでもうまくロケーションを取る技能が不可欠だ。

私見

ポッセ(頼りになる同志)

15人とリンダ・グラットンは言うが、もっと少ないのではないだろうか。

私の場合は、6人。

ポッセ(頼りになる同志)とよべるには、

時間と実績

が必要になる

そのベースは、高度な専門応力とその専門能力が連続していること。

高度な専門応力とその専門能力が連続するのは、ポッセがあるから。ともいえるのではないでしょうか。

リンダ・グラットンが続けて

しかしながらイノベーションを必要とするのであれば、ポッセは頼りにならない。

必要なのはスケールが大きくて斬新なアイディアだ。そういうアイディアの源になりうるものは、多様性に飛んでいて大規模な後期すなわち、ビックアイディアクラウドである。

次回は、

三種類のネットワークの2番目

ビックアイディアクラウド

についてです。お楽しみに。

ウィル株式会社

SE,エンジニアのマネジメント・コンサル

奥野 智洋

第2のシフト 孤独な競争から「協力して起こすイノベーション」へ ワーク・シフトWORKSHIFT

未来に必要となる三種類の人的ネットワーク

リンダ・グラットン曰く

未来の世界の素晴らしい点の1つは、人間関係資本を築く方法が飛躍的に拡大することだ。

50億人がインターネットを通じて結びつき、しかもいっそう主体的にオンライン上のコミュニティーに参加する時代が訪れて、可能性は無限に広がる。

問題は、オンライン上のサービスに振り回されず、バーチャル化に陥らないために、どうすればいいのかだ。

世界中の人々が結びつく時代の恩恵に最大限浴するためには、協力とネットワークとイノベーションについて、根本から発想を<シフト>させる必要がある。

これからは、高度な専門技能を習得し、その上で多くの人と結びつかないければ成功しない。

大勢の人たちのノーハウと能力と人脈を統合することが不可欠なのが。私たちは次第に、これまで自動的にテレビを見て漫然と過ごしていたよかっ時間をオンライン上の活動に使い始める。

三種類のネットワーク

1.ポッセ(頼りになる同志)

2.ビッグアイデア・クラウド

3.自己再生のコミュニティー

私見

なるほど。

と思える三種類です。

1.ポッセ(頼りになる同志)

は、高度な連続スペシャリストを活かして成果を出すネットワーク

2.ビッグアイデア・クラウド

新たな発想を生み出すネットワーク

3.自己再生のコミュニティー

豊かな人間性を育むネットワーク

ですね。

近頃の状況は、1.と3.が不足していると思われます。

そしてそれに気づいた状態。でしょうか。

次回は、

三種類のネットワークの1番目

ポッセ(頼りになる同志)

についてです。

ウィル株式会社

SE,エンジニアのマネジメント・コンサル

奥野 智洋

第1のシフト セルフマーケティング ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

未来の世界では、グローバル化が急速に進み、インターネットを通じて世界中の人々が日々新しい知識を仕入れるようになる。

そういう時代に大勢の人たちの中で自分を際出すたせるためには何が必要か。

例えば、成功を収めている企業には、

独特な要素、類稀な要素が必ずあった

ここにヒントがある。

リンダ・グラットンはそう言っている。

見えない存在になる危険性

未来の世界では、(見えない世界存在)になることが深刻な問題になるだろう。
大勢の中で自分の存在を際立たせることが重要になる。

そのために、とりわけ有効な方法が3つある。

1つ目は、自分の手がけた仕事が誰の目にもあなたの仕事だとわかるように、明確な特徴を出すのである。

自分の評判を保つために、積極的に評判をマネージメントすることも不可欠だ。

2つ目は、弁護士や医師のような専門職にならって同業者組合やそれに類する組織を作ること。

3つ目は、活力をしなわず、精神的に仕事に打ち込み続けるために、様々な要素を取り込んでキャリアのモザイクを描き、いわば協会の

カリヨンツリー型のキャリア

を実践すること

以下では、この3つ目のカリヨンツリーに関して見ていく

私たちの職業人生は次第に、伝統的なキャリアの道筋と異なるカーブを描くようになる

それは、ダウンシフティング(収入より、ゆとりを大切にする生き方への

転換)を選ぶ人たちの釣鐘型キャリアのカーブとも違う

今後主流になるのは、いくつもの小さな釣鐘が連なって職業人生を形作るキャリヨンツリー形だ

精力的に仕事に打ち込む期間と、長期休業して学業やボランティア活動に専念したり仕事のペースを落として私生活を優先させたりする機関を交互に経験し、ジグザグ模様を描きながら仕事のエネルギーや技能を高めていくのである。

社会人、やがて40代になり、仕事を離れて1年間学校で勉強する。既存の専門分野を土台に別の専門分野での脱皮を成し遂げるためだ。40代と50代前半にかけて精力的に仕事に打ち込んで新しい専門分野で技能を高めていく。

50代半ば、再び1年間仕事を休んで長期旅行やボランティア活動。その後、また仕事の世界に復帰。今度はミニ企業家として、それまでに身に付けた2つの分野の専門技能を活用して働く。

そして、そのまま70歳代、80歳代まで仕事続ける

私見。

これらのベースは、15年~20年かけてはじめて習得する高度な専門技能だ。

このベースがなければ、話は成り立たない。

私は、仕事を1年休む。といった経験はないが、

社会人の10年間はSEの技能を習得した

その専門技能の後

30歳前半で中小企業診断士

40歳中盤で、関学でビジネススクール

50歳中盤で、NLPコーチング

をそれぞれ、学び55歳の定年でこれまで学んだ技能を組み合わせて独立した。

リンダ・グラットンのほぼシナリオ通りだ。

今考えると、幸せな人生を送ってきた。

感謝しています。

そして、80歳代まで仕事がづけたいな。と思います。

 

第一のシフトは今回で終わりです。

次回から

第二のシフト

孤独な競争から「協力して起こすイノベーション」へ

についてお話したいと思います。

次回もお楽しみに

ウィル株式会社

SE,エンジニアのマネジメント・コンサル

奥野 智洋

第1のシフト 移動と脱皮で専門分野を広げる ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

専門技能に習熟することについて回る落とし穴は、狭い専門分野に特化するあまり広い分野をしない考え失いかねないことだ。

しかし、未来の世界で大きな価値を生み出すためには、この落とし穴にはまらず

複数の分野の高度な専門知識と技能組み合わせること

が欠かせない。それを成し遂げる方法は、大きく分けて2つある。

1つは特定の専門分野の枠を超えた幅広い人的ネットワークを築きその中で複数の専門技能を組み合わせると言う方法

もう一つは、自分自身で複数の専門技能を身に付けると言う方法

リンダグラトンはいくつか移動の旅で専門分野を広めた事例を紹介している

・経営コンサルタント→ドキュメンタリー作家→市民活動家

私見。私もコンサルタントですが、作家には程遠いですね。近いのは、というか実践しているのは、コーチング。そして、狙うはシステム会社への脱皮

キャリアの脱皮を成功させるコツ
未来の世界では、専門分野の脱皮を遂げる重要性が高まっていくだろう

 

環境の変化に応じて別の専門分野に脱皮する必要性の間で適度なバランスを取るために有効な方法がいくつかある。
第一は、新しいチャンスが目の前に現れたとき、未来の世界にいきなり飛び込むことではなく、新しい世界を理解するために実験をすること

第二は、自分と違うタイプの大勢の人たちと接点を持ち多様性のある人的ネットワークを築くこと

第三は、はじめのうちは本業辞めず副業と言う形で新しい分野に乗り出すこと。

 

私見ですがこの3つは組み合わせて実践することが有効だと思います。

どれ1つとってもその1つだけでなし得るとは実感したことがありません。

脱皮、飛躍のためには、屈んだり少し後に下がったりする必要があります。

その勇気と実行力が重要です。

で次回は、セルフマーケティングの時代

セルフマーケティングの時代

についてお話したいと思います。

次回もお楽しみに

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋

第1のシフト 高度な専門技能を身につけるプロセス ワーク・シフトWORKSHIFT

リンダ・グラットン曰く

未来の世界では、高度な専門分野の知識と技能深めた上で、さらにいくつもの分野で次々と高度な知識と技能を磨いていかなくてはならない。

浅い知識でよければ、オンライン上で簡単に手に入る時代だ。広く浅い知識と技能の価値は、今後ますます小さくなっていくだろう。
リンダ・グラットンは高度な専門技能を身につけるプロセスをしめしている。

日本では「守破離」といわれるもの。

最初は、職人のように考える

つまり、高度な専門技能をみにつけるためには10年~20年という時間をかけて、しっかりとした(リンダ・グラットンの言い方では、浅いものは価値がどんどんなくなる)技能を身につけることがまずありき。

その次に(また)時間をかけてゆっくりと自分だけの特徴を磨いていく

自分だけの特徴をどうやって出すのか

どうやってだせるのか

NLPではセルフコーチング、自分とのコミュニケーションとしてこのあたりが充実しています。

その一つがニューロ・ロジカル・レベルです。当社のeラーニングを参考にして下さい。

ドラッカー的には、ひたむきに(自己)マネジメントに取り組み

そして未来を考えると、出てくる。

私も、そう実感しています。

そして、こどものように遊ぶ

創造性を発揮できる環境を作る。と言っています。

これまで企業は、合理性と一貫性を加工するために管理を予測文字できた。

遊びと喜びの要素が完全に排除されていたとまでは言わないが、これらはあくまでも脇役でしかなかった。

しかし未来の世界では、単なる模倣にとどまらない高度な専門技能を身につけたければ遊びと創造性がこれまで以上に重要になる。

仕事が遊びになるのは、普通はやらないことをする場合、普通やっていることをやらない場合、物事を作る極端にある場合、社会生活上通の方をひっくり返す場合だ。

企業の事例では、パタゴニア、ブラジルのセムラーが有名です。

リンダ・グラットンは

楽しさとやりがいを見いだせる要素と仕事を切り離せば、機械的な作業を単調に繰り返すだけとなり、自分らしさが失われる。

と結んでいます。

当社、ウィル株式会社のテーマは

わくわく楽しいそして業績の上がる組織を創ろう

です。

わくわく楽しい、仕事環境なら自ずと業績はあがる。

私の持論です。

で次回は、

移動と脱皮で専門分野を広げる

についてお話したいと思います。

次回もお楽しみに

ウィル株式会社

代表取締役 奥野智洋